クオーター4気筒グレートヒーローズ

250cc直4ヒストリープレイバック・ヤマハ編【異次元フェーザーからFZRへ】

  • 2020/3/31
250cc直4ヒストリープレイバック・ヤマハ前編【フェーザーが初の45ps達成】

カワサキ Ninja ZX-25Rの登場により久しぶりに復活する、250cc直4マシンの歴史を振り返る。同クラス初の量産車・スズキGS250FWから遅れること2年、ヤマハは250cc直列4気筒を一挙にメジャーへと押し上げる革新マシン「フェーザー」を世に放った。

●文:沼尾宏明/宮田健一 ●写真:真弓悟史
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

常に時代の先を見据え、ブームの火付け役だったヤマハ

’85年にリリースされたFZ250フェーザーは、ヤマハ初の250直4を搭載。GS250FWがDOHC2バルブだったのに対し、よりハイメカな4バルブを投入した。さらに新時代の開発思想「GENESIS」(ジェネシス)に基づき、心臓部を45度前傾しダウンドラフト化を実現。レッドゾーン1万6000回転以降という超高回転型で、4ストロークながら驚異の45psをマークした。

当時38psに増強していたGSはおろか、RG250ΓやNS250Rといった2ストロークレプリカ勢にまで4ストロークマシンが初めて肩を並べたのである。結果、爆発的なヒットを記録。GSが先鞭をつけた250直4というジャンルは、フェーザーで完全に花開いたと言えよう。

以降、レプリカブームをいち早く察知し、フェーザーを基盤にワークスFZR400風のフルカウルを与えたFZR250を発売。またも大ヒットとなり、’87年の販売1位を記録している。

FZRは、扱いやすさや抜群の足着き性で万能なキャラクターだったが、先鋭化してきたCBR250Rや2スト勢に対抗すべく、’89以降はよりレプリカ路線に舵を取る。レブリミットを1万9000→2万1000回転とし、アルミフレームも獲得。FZR250Rに車名を改め、カワサキの参入で激化したクラスにおいて存在感を放った。

FZ250フェーザーシリーズ:高周波サウンドに近未来フォルム。新時代を感じさせた

’85 FZ250フェーザー:異次元マシンが4スト250初の45ps達成

2ストのイメージが強かったヤマハが送り込んだ野心作。’80年の2ストRZ250は人気を得たが、4ストVツインのVTが登場した’82以来、苦戦し始めた。そこで若手を中心に、同社初となる250cc直4スポーツの開発がスタート。4スト初の45psを達成すべく、トータルでの設計思想「GENESIS」を導入し、前傾エンジンや冷却水が内部を通るフレームなど革新的なメカを奢った。甲高いサウンドや軽量スリムな車体、エアロフォルムも評判を呼び、250直4ブームが巻き起こっていく。

ヤマハ FZ250 PHAZER

【’85 YAMAHA FZ250 PHAZER】■水冷並列4気筒DOHC4バルブ 249cc 45ps/14500rpm 2.5kg-m/11500rpm 138kg(乾燥) ■タイヤF=100/80-16 R=120/80-16 ●当時価格:49万9000円 ※諸元&価格は’85

ヤマハ FZ250 PHAZER

ヤマハ FZ250 PHAZER

心臓は前傾45度と大きく傾け、吸気ラインをストレート化。4連キャブに専用の小径バルブを合わせ、レブリミット1万8000rpmを達成した。

ヤマハ XS250
[写真タップで拡大]

【空冷ツインから一足飛び】フェーザー以前のヤマハは、小排気量クラスではRZなど2ストがメイン。4ストでは、直立気味の空冷パラツインSOHC2バルブのXS250(写真)や、アメリカンの同スペシャルなどを展開していた。フェーザーとは隔世の感あり。

’85 FZ250フェーザー YSPリミテッドバージョン:ジェットサウンド炸裂

初体験となる金属的な高周波サウンドにライダーは大興奮。軽く低重心な車体による扱いやすさも人気の秘訣だった。YSP店の限定仕様ではアンダーカウル&リヤディスクブレーキを備え、コンセプトの「インテリジェントファイター」に一層近づいた。

 ヤマハ FZ250 PHAZER YSP Limited Version

【’85 YAMAHA FZ250 PHAZER YSP Limited Version】45ps

 ヤマハ FZ250 PHAZER YSP Limited Version

クラス最高の性能を追求し、走りはスポーティ。2スト的な加速感ながら、旋回時の速度や安定感にも優れた。

’86 FZ250フェーザー:リヤディスクブレーキ化するも最終型に

’86モデルでは、リヤディスク化とともにマフラーを変更し、残念ながら独自のサウンドは影を潜めた。これが最終型で、FZRの登場により、わずか2年で生産終了に。

ヤマハ FZ250 PHAZER

【’86 YAMAHA FZ250 PHAZER】45ps

関連するアーカイブ

最新の記事