HONDA“模刻”PROJECT⑦

蘇る♯1ニッキー号

小さなポケバイをベースに往年の名車を再現する。ホンダ社内で行われる若手モデラー育成プロジェクト「模刻」のデキがあまりにも見事なのでWEBでもご紹介。パート⑦はRC212Vニッキー号の写真集です。

デザインは歴代最強だった800cc版RC-V

レギュレーション変更で排気量が800 ㏄になり、エンジンが初代211VのV5から新設計のV4となったRC212Vがモチーフ。マスの集中というコンセプトに基づき、非常にコンパクトにまとまったデザインが採用されている。800㏄レギュレーション最終年の2011年にはついにライダー/チーム/マニュファクチャラーの3冠を奪取。

元々マスをはっきりさせたデザインのカウルを持っているため、ポケバイサイズにスケールダウンしてもまったく違和感がない。乗車できるシートスペースを確保しながらも、全体的なデザインが破綻していない点に注目して欲しい。強さも絶対ながら、観続ける方としては新鮮さが必須ということで、次期型ではこれぐらいの個性が欲しいところ。どうでしょうかHRCさん!

 

制作者コメント

岩田秀和さん 二輪R&Dセンター デザイン開発室 第3ブロック (※2016年2月取材時)

212Vはデザイン室が関わった 車体で、有機的にデザインされて いて非常にセクシー。マスをはっ きりさせたオリジナリティのある デザインで、それが作りたいと思っ た一番の理由です。

 

オリジナル

RC212V[2007]■水冷4ストV 型4 気筒DOHC4 バルブ 800cc  210ps以上 150kg(乾)以上

(ヤングマシン紙面版Vol.521・2016年4月号掲載記事より 文:牧田哲朗/撮影:長谷川徹/撮影協力:本田技術研究所 二輪R&Dセンター)

牧田哲朗

牧田哲朗

記事一覧を見る

大学生時代からヤングマシンの制作に携わっているこの道40年の大ベテラン。メカニズムやメンテナンスの造詣に深く、ヤングマシンでは「おまかせ牧田」としてお馴染み。

この著者の最新の記事

関連記事