HONDA“模刻”PROJECT②

HONDAのWGP初優勝車

小さなポケバイをベースに往年の名車を再現する。ホンダ社内で行われる若手モデラー育成プロジェクト「模刻」のデキがあまりにも見事なのでWEBでもご紹介。パート②はRC143編の写真集です。

ホンダのWGP初優勝を飾った125ccレーサー“RC143”

モチーフは、ホンダが世界GPに参戦し、1961年にトム・フィリスによって記念すべき初優勝を遂げたRC143レーサーだ。後にホンダは全クラス制覇という偉業を成し遂げるわけだが、RC143から全ての記録が始まった。

しかし、そこまで歴史的なモデルを模刻するとなると、現代的なシャーシ構成の74ダイジローは大幅に手を加えなければならなく、シートレールからスイングアームの制作。さら、アウタースプリング式のフロントサスやリヤショック、タンクキャップ、アルミ叩き出しカウルに負けないほどの、細部に渡る作り込みでリアル感を追求している。

 

 

制作者コメント

清水健児さん 二輪R&Dセンター デザイン開発室 第3ブロック (※2016年2月取材当時)

“世界GP初優勝を決めたホンダの記念すべきマ シン”というのが理由で RC143を選択しました。 当時と同じようにカウルをアルミ叩き出しで作ったり、ボルト類も特注。溶接位置もできるだけ近づけるような努力をしたりと、 デザイン以外でも地味な部分にもこだわりました。

 

オリジナル

RC143【1961】■空冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 124.68cc 23ps以上 93kg(乾)

(ヤングマシン紙面版Vol.521・2016年4月号掲載記事より 文:牧田哲朗/撮影:長谷川徹/撮影協力:本田技術研究所 二輪R&Dセンター)

牧田哲朗

牧田哲朗

記事一覧を見る

大学生時代からヤングマシンの制作に携わっているこの道40年の大ベテラン。メカニズムやメンテナンスの造詣に深く、ヤングマシンでは「おまかせ牧田」としてお馴染み。

この著者の最新の記事

関連記事