ホンダ1/8ポケバイ名車列伝

ホンダ往年の名車をポケバイで再現する”模刻”プロジェクト#5【最強ロスマンズNSR】

  • 2017/12/24

小さなポケバイをベースに往年の名車を再現する。ホンダ社内で行われる若手モデラー育成プロジェクト「模刻」のデキがあまりにも見事なのでWEBでもご紹介。パート5はNSR500の写真集です。

●文:牧田哲朗 ●撮影:長谷川徹 ●撮影協力:本田技術研究所 二輪R&Dセンター ※ヤングマシン2016年4月号掲載記事より

NSRの凄みをすべて凝縮

モチーフはエディ・ローソン時代のロスマンズ。3気筒NS500でWGP500に参戦していたホンダが、タイトル奪取のために開発した4気筒NSRだ。上方排気でエンジン下にガソリンタンクを配置する初期モデルから、’88〜’89からはスタンダードなレイアウトを採用し、圧倒的な速さを発揮することになる。

NSR500[1989]■水冷2ストV型4気筒クランクケースリードバルブ 499.25cc 150ps以上 122kg(乾)以下

ベースのポケバイがアルミフレーム&湾曲スイングアームを採用しているため、外装パーツだけでも十分雰囲気が出ているが、やはり4本出しサイレンサーの迫力があってのデザインと言ってもいい。

製作者:堤琢磨氏(二輪R&Dセンター デザイン開発室 第3ブロック/取材当時)
「ホンダへ移籍しチャンピオンを 獲得したエディ・ローソンが駆った’89NSR500。NSRの代名詞にもなったロスマンズカラーが、これを選んだ一番の理由。ちゃんと4本チャンバーを再現しています」

関連するアーカイブ

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

牧田哲朗

牧田哲朗

記事一覧を見る

大学生時代からヤングマシンの制作に携わっているこの道40年の大ベテラン。メカニズムやメンテナンスの造詣に深く、ヤングマシンでは「おまかせ牧田」としてお馴染み。