第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ねとらぼ交通課の気になるネタピックアップ

iPhone 14の新機能“衝突検出”、自動車衝突事故に巻き込まれたら自動通報【ただし日本では注意点も】

2022年9月16日から順次発売となったiPhone 14シリーズでは、新たに“衝突検出”機能を利用できるようになりました。


ねとらぼ交通課

衝突検出機能は、iPhoneが“激しい衝突事故”を検出した場合に、画面上に緊急通報を行うかどうかの確認画面が表示され、画面操作や警報音への応答がなかった場合に緊急通報番号に自動的に発信するという機能です。iPhone 14/14 Plus/14 Pro/14 Pro Max、Apple Watch Series 8、Apple Watch SE(第2世代)、Apple Watch Ultraのみで利用できます。

なお、日本のように緊急通報サービスの電話番号が複数用意されている国や地域の場合は自動通報が行われず、警察や消防/救急などの通報先を選択しなければ通報ができない場合があります。Appleのヘルプページでは「緊急通報サービスへの通知は完遂できませんが、緊急連絡先への通知はできます」と案内しており、この場合は自身があらかじめ設定した緊急連絡先への通知のみが行われます。

Apple Watchシリーズですでに提供している“転倒検出”にも似ていますが、これは二輪車やバイクへの乗車中または歩行中の転倒を検知し、応答がない場合は救急の番号に自動通報する機能です。新たに登場した“衝突検出”は自動車乗車時の衝突を検知する機能で、具体的には「セダン/ミニバン/SUV/ピックアップトラック/その他の乗用車が絡む激しい衝突事故(正面衝突/側面衝突/追突/横転など)」を検知するよう設計した機能としています。

AppleのWebサイトによれば、衝突を検知する仕組みは速度や方向の急激な変化といった単純な要素だけでなく、エアバッグの動作による車内の気圧変化や衝突時の大きな音、過去の事故データや衝突実験データも利用しているとのことです。

iPhoneを投げたり転がしたりする程度の日常的(雑)な扱い方では衝突事故として検知しないようで、筆者も実際に何度もベッドなどに試しに投げてみましたが、検知されませんでした。

同様の機能についてGoogleのスマートフォン「Pixel」シリーズを見ると、2018年に登場した「Pixel 3」以降ですでに利用可能。2021年8月から日本国内で利用できるようになっています。(大泉勝彦

GoogleのPixelシリーズでは、すでに“自動車事故検出”機能が使える(日本では119に発信する)。


※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース