チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ヤマハ テネレ700[新型バイクカタログ]:あえて電子制御簡素化のビッグオフ

テネレ700 概要

MT-07用をベースとする水冷並列2気筒エンジンを、専用のスチール製フレームに搭載。日本では’20年夏に発売が開始された。前後21/18インチのスポークホイールや、210mmのストロークが確保された倒立フロントフォーク/フラットシート/大きめのアルミ製アンダーガードなどで、本格的なオフロード走行に対応。電子制御系はオフにもできるABSのみというスパルタンな仕様も魅力だ。シートも875mmと高いが、ローシート/ローダウンリンクにより追加料金なしでシート高を38mm低減できるアクセサリーパッケージも用意されている。

欧州では’22年にニューカラー2色の設定がアナウンスされているほか、アクラポヴィッチ製マフラー/ラジエーターガード/専用ラリーシートなどを標準搭載したラリーエディションを設定している。

’22 テネレ700[欧州仕様]

'22 ヤマハ テネレ700

【’22 YAMAHA TÉNÉRÉ700|EU MODEL】 [写真タップで拡大]

'22 ヤマハ テネレ700|ブラック
'22 ヤマハ テネレ700|ラリーエディション

欧州では、’22年カラーとしてブルー/ブラック[写真左]が発表済み。ラリーエディション[写真右]は上級装備の欧州専用車で、赤ストロボのホワイトだ。 [写真タップで拡大]

’20 テネレ700

ヤマハ テネレ700|ブルーイッシュホワイトパール1

【’20 YAMAHA TÉNÉRÉ700】■水冷4スト並列2気筒DOHC4バルブ 688cc 72ps/9000rpm 6.8kg-m/6500rpm ■車重205kg シート高875mm 16L ■タイヤサイズF=90/90-21 R=150/70 R18 ●色:ブルーイッシュホワイトパール1 マットダークグレーメタリック6 マットブラック2 ●価格:126万5000円 ●発売日:’20年7月31日 [写真タップで拡大]

ヤマハ テネレ700|マットダークグレーメタリック6
ヤマハ テネレ700|マットブラック2

ブルーがあしらわれたマットダークグレー、渋めにまとめたマットブラック、レッドが鮮やかなホワイトの3タイプが用意されている。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

ヤマハ テネレ700|ライディングポジション
ヤマハ テネレ700|ライディングポジション

シート高は875mmと高くハンドル位置も遠いが、一度またがってスタンディングしてみるとベストポジションに決まる。シート高はアクセサリパッケージで約38mm低くできる。[身長172cm] [写真タップで拡大]

エンジン

ヤマハ テネレ700|エンジン

MT-07の直列2気筒688ccエンジンをベースに、ギヤ比/吸排気系を見直して低中速トルクの厚みを増し、高回転域でも伸びを持たせてある。高速/ダート走行を選ばない出力特性が持ち味だ。 [写真タップで拡大]

足まわり

ヤマハ テネレ700|フロントまわり

フロントサスはφ43mm倒立フォーク。ストローク量は210mmで、さまざまな路面で良好な衝撃吸収性を発揮する。フロントダブルディスクはφ282mmで、2ポッドキャリパーはブレンボ製。フロントフェンダーは高さ調整が可能で、タイヤ選択肢を広げてくれる。リヤサスはプリロード、圧側と伸び側の減衰調整が可能。ストローク量は200mmを確保し、オン/オフで粘り強い特性を発揮する。 [写真タップで拡大]

ヤマハ テネレ700|リヤまわり

リヤ18インチホイールを採用。ピレリのスコーピオンラリーSTRが装着される。リヤディスクはφ245mm。ABSはフロント/リヤともにオフにできる。 [写真タップで拡大]

主要装備

ヤマハ テネレ700|液晶スピードメーター

【縦型メーターパネル】モノクロフル液晶メーターは縦長のデザインで、ハンドルまわりにラリー車のイメージを与える。メーター左側に電源ソケットあり。 [写真タップで拡大]

ヤマハ テネレ700|ゴーライド試乗インプレッション

タンデムシートはメインキーで取り外し可能。ETC車載器を装着できそうだ。 [写真タップで拡大]

ヤマハ テネレ700|ゴーライド試乗インプレッション

左側タンデムステップ内にヘルメットホルダーが装着されている。 [写真タップで拡大]


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

テネレ700に関連する記事

ヤマハ「テネレ700」2022年モデルが登場! 新排出ガス規制適合&ニューカラー採用

ヤマハは、MT-07系エンジンを搭載したアドベンチャーモデル「テネレ700 ABS(Ténéré700 ABS)」をマイナーチェンジし、2022年モデルとして5月20日に発売すると発表した。エンジンは平成32年(令和2年)排出ガス規制に適合しつつも、従来モデルよりパワーアップを果たしている。カラーバリエーションも刷新された。 1ps/0.1kg-mのパワー&トルクアップ! ヤマハは、MT-07系エ […]

[’22前期版]国産新型バイクカタログ:大型アドベンチャー総まとめ#2(〜750cc)【ヴェルシス650が国内導入】

その名のとおり道を選ばず“冒険”できるバイクというのが本来のコンセプトだったが、近年は舗装路でのツーリング性能を重視した車種が多めのアドベンチャークラス。日本ではほとんどのユーザーがダートを走ることなく、快適なライディングポジションのオンロードツアラーという扱いだ。 カワサキ ヴェルシス650:7年ぶりのアップデートで国内新規導入もアナウンス ニンジャ650&Z650のルーツとなったER-6f/n […]

ヤマハ テネレ700[新型バイクカタログ]:あえて電子制御簡素化のビッグオフ

テネレ700 概要 MT-07用をベースとする水冷並列2気筒エンジンを、専用のスチール製フレームに搭載。日本では’20年夏に発売が開始された。前後21/18インチのスポークホイールや、210mmのストロークが確保された倒立フロントフォーク/フラットシート/大きめのアルミ製アンダーガードなどで、本格的なオフロード走行に対応。電子制御系はオフにもできるABSのみというスパルタンな仕様も魅力 […]

“冒険の旅” 再び! ヤマハ「テネレ700 レイド プロトタイプ」が次世代のライダーを誘う

イタリア・ミラノで開催されているEICMAで、ヤマハは『Ténéré 700 Raid Prototype(テネレ700 レイド プロトタイプ)』を発表した。ヤマハが開発したスペシャルパーツが多く組み込まれており、ラリーレイド参戦を前提としたカスタマイズが施されたマシンだ。 テネレシリーズの伝説を受け継ぐヤマハのワークスラリーマシンか!? テネレ700は、MT-07に搭載される688cc水冷並列2 […]

RZ350カラーだ!! XSR700に新色登場/MTシリーズはシアンが特色/テネレ700&ラリーも新色

ヤマハは欧州で2022年モデルを相次いで発表している。主要な変更モデルについての情報はすでに記事化しているが、ここではカラーチェンジを受けたレギュラーモデルについて取り上げていこう。いずれも価格は未発表だ。 XSR700はRD350LC(RZ350)カラー、XSR700 XTributeは1981年のカラーリングを再現 ヤマハは欧州で、EICMA開幕直前のタイミングで2022年モデルを発表。EIC […]

いま新車で買える!! 林道ツーリングを楽しめるマシンたち〈国産モデル編|ゴーライド編集部厳選〉

これから林道ツーリングに行ってみたいというオフロードビギナーや、久しぶりに林道へ行ってみようというリターンライダー、さらに乗り換えや増車を考えている人たちのために、オフロードマシン総合誌『ゴーライド』編集部が選んだ、”新車で購入できる/未舗装路もバリバリ走って林道ツーリングを楽しめる”マシンたちを、まずは国産編から一挙掲載するゾ!  オフロードも林道走行も楽しめるのはやはり […]

ガンダムっぽい? あんたバカァ!?「むしろエヴァンゲリオンっぽいバイク3機」

エヴァンゲリオンはロボットではなく「汎用人型決戦兵器として作られた人造人間」 かつて、アニメにさほど詳しくない人からは「ああ、エヴァンゲリオンって紫のガンダムみたいなのが出てくるヤツね」……なんて言われることもありましたが、「シン・エヴァンゲリオン劇場版:II」の興行が絶好調の今、そんなことを言う人は少ないのではないでしょうか。 当時「ガンダムと一緒にしないで!エヴァはロボットじゃなくて『人造人間 […]

ヤマハ2021新車バイクラインナップ〈大型アドベンチャークラス〉トレーサー/テネレetc.

2021新車バイクラインナップ>日本車>大型アドベンチャー 最新潮流解説 YAMAHA:トレーサー9/GT|トレーサー7/GT|テネレ700 HONDA:NC750X/DCT|CRF1100Lアフリカツインシリーズ|VFR800X SUZUKI:Vストローム1050/XT|Vストローム650/XT KAWASAKI:ヴェルシス1000SE/SE+ トレーサー9/GT:自社製6軸IMUでフル電脳化[ […]

チームカガヤマ鐵隼応援プロジェクト

ホーム
WEBヤングマシン|新車バイクニュース