砂漠の王者・日本適合完了!

’20ヤマハ テネレ700 ワイズギアカスタムスタイル【7/31ようやく国内発売】

日本のファンは長らくお預け状態とされてきたヤマハ テネレ700。国内仕様の開発を終え、発売を’20年6月5日に予定していたが、新型コロナ禍の影響で7月31日に変更となった。ようやくデビューする本格オフロードマシン、その登場よりもひと足先にワイズギアの純正カスタムパーツを紹介しよう。

T7プロトの初見から4年待望の発売…のはずが!?

通常、走行中の車体は外力により常にごくわずかな変形と振動を繰り返しており、これが少なからずハンドリングに影響を与えている。この変形エネルギーを吸収し熱エネルギーとして発散させる目的で作られたのがパフォーマンスダンパーだ。ヤマハの4輪車体制振技術からフィードバックされたもので、2輪でも効果はてきめん。テネレ700や新MT-25/03用も完成だ。

パフォーマンスダンパー[ワイズギア]●価格:3万3000円 ●発売日:未定

パフォーマンダンパーはフレームに装着する。

ワイズギアから2つのスタイルを提案

関連記事
2020/03/11

テネレ700はMT-07系の688cc水冷並列2気筒エンジンを搭載したミドルクラスのアドベンチャーモデル。ビッグアドベンチャーツアラー・XTZ1200スーパーテネレの弟分といった位置づけではなく、本格[…]

関連記事
2020/03/09

'20年も活況。オン向けが主流ながらオフ指向も増加 その名のとおり冒険するためのパッケージを持つアドベンチャー。旅心をくすぐるルックスをはじめ、安楽なライディングポジション、長いストロークのサスペンシ[…]

関連記事
2019/11/24

ヤマハMT-07が搭載するクロスプレーンコンセプトの689cc並列2気筒エンジンをベースに、本格オフロード向けの車体に搭載してアドベンチャーモデルとして仕上げたテネレ700。昨年のモデル発表から、いよ[…]

関連記事
2019/10/26

東京モーターショーのヤマハブースでは本格アドベンチャーのテネレ700(Ténéré 700)がいよいよ国内上陸に向けて展示。発売予定時期についても正式にアナウンスが行われた。本格オフもこなす走破性の高[…]

関連記事
2018/11/06

2018年11月5日、ヤマハがミラノショープレスデーを前にプレスカンファレンスを実施し、2019年モデルを新たに発表した。今回初公開となったモデルは、300㏄の3輪スクーターのプロトタイプなど多数。こ[…]

001-8

あなたにおすすめの関連記事