カワサキ ニンジャ1000SX [’22後期 新型バイクカタログ]:ツアラー系ニンジャのリッターSTDモデル

カワサキ ニンジャ1000SX

●文:ヤングマシン編集部(伊藤康司 田宮徹 宮田健一) ※情報更新日:2022年7月30日

カワサキ ニンジャ1000SX 概要

ツアラーとスポーツの性能をバランスよくまとめたフルカウルモデル。4パターンのライディングモードを持ち、トラクションコントロールとも連動する。このほか上下両方向クイックシフター/クルーズコントロール/スマホ接続機能“カワサキライディオロジー”付きフルカラーメーターといった電子装備を備え、141psを発揮する直列4気筒エンジンとともに楽しい旅と走りを提供する。工具いらずで角度を4段階に調整できるウインドスクリーンも好評だ。グリップヒーターやDC電源ソケットも標準装備。令和2年排出ガス規制に適合させた国内’23モデルは、レッド×ブラック/グリーン×ブラックの2色で展開。

’23 カワサキ ニンジャ1000SX

主要諸元

カワサキ ニンジャ1000SX

【’23 KAWASAKI Ninja 1000SX】■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 1043cc 141ps/10000rpm 11.3kg-m/8000rpm ■236kg シート高820mm 19L ■タイヤF=120/70ZR17 R=190/50ZR17 ●クイックシフター(アップ&ダウン) ブルートゥース ●色:メタリックマットソブリンレッド×メタリックディアブロブラック エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック ●価格:159万5000円 ●発売日:2022年7月15日 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ1000SX

【カラーバリエーション】メタリックマットソブリンレッド×メタリックディアブロブラックと、エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラックの2色。 [写真タップで拡大]

ライディングポジション

カワサキ ニンジャ1000SX|ライディングポジション

ハンドルはやや遠めだが低くはなく、前傾ではあるが楽な姿勢。いかにもハイスピードツアラーといったところだ。車体にボリュームを感じるものの足は指のつけ根まで着く。[身長168cm/体重61kg] ※写真は’21モデル [写真タップで拡大]

エンジン/足まわり

カワサキ ニンジャ1000SX|エンジン

’17モデルからカムプロフィールや吸気ファンネル長を見直し、マフラーを右1本出しに。約2kgの軽量化を達成した。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ1000SX|足まわり

φ41mm倒立式フォークにホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンションを備え、ブレーキにはラジアルマウントモノブロックキャリパーにラジアルポンプ式マスターシリンダーを組み合わせる。※写真は’20モデル [写真タップで拡大]

主要装備

カワサキ ニンジャ1000SX|スクリーン

【4段階調整式スクリーン】工具いらずで角度を調整できるスクリーンはニンジャ1000SXの人気機能。メーター脇にあるリリースボタンを押しながら手動でスクリーンを動かし4段階に調整できる。 [写真タップで拡大]

背景色の白黒切替やスマホ接続機能も装備した画面サイズ4.3インチのフルカラーTFTメーターを採用。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ1000SX|スイッチボックス

電子制御機能の設定やメーター上の各種操作は手元のスイッチで完結できるよう、集中レイアウトとなっている。スマホとの連動機能も付いた全部入り仕様だ。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ1000SX|クイックシフター

【クイックシフターは上下対応】アップダウン両方向に対応したクイックシフターを標準装備。クラッチ操作からライダーを開放して疲れを軽減してくれる。 [写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャ1000SX|シート

【シートは6種あり】8mmダウンのローシートと前後セットで15mmアップのコンフォートシートやシングルシートカバーなどがオプションで揃う。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

カワサキ ニンジャ1000SXに関連する記事

カワサキ ニンジャ1000SX [’22後期 新型バイクカタログ]:ツアラー系ニンジャのリッターSTDモデル

カワサキ ニンジャ1000SX 概要 ツアラーとスポーツの性能をバランスよくまとめたフルカウルモデル。4パターンのライディングモードを持ち、トラクションコントロールとも連動する。このほか上下両方向クイックシフター/クルーズコントロール/スマホ接続機能“カワサキライディオロジー”付きフルカラーメーターといった電子装備を備え、141psを発揮する直列4気筒エンジンとともに楽しい旅と走りを提供する。工具 […]

カワサキ「ニンジャ1000SX」がマイナーチェンジで令和2年排出ガス規制に適合、新色も登場

カワサキは、スポーツツーリングモデルの人気車「ニンジャ1000SX」を令和2年排出ガス規制に適合させるとともに型式認定・認定番号を2BL→8BLへと変更、ニューカラーのレッド×ブラックを設定し、2023年モデルとして2022年7月15日に発売すると発表した。価格は従来から7万7000円アップの159万5000円に変更。 ニンジャ1000SXは、1043ccの並列4気筒エンジンを搭載するスポーツツー […]

国内4メーカーの採用車種と機能を一挙紹介!【スマホと “つながる”バイク最新事情】

近頃、スマートフォンと連動できる機能を備えたバイクが一挙に増えてきた。電話の発着信に、音楽、ナビゲーション機能。スマホがバイクの機能の一部として使えるようなもので、慣れればとても便利な機能だ!! そこで今回は、最新のスマホ連動機能搭載車とその機能を総チェック。ここではホンダ、ヤマハ、スズキ、カワサキの国内4メーカーについて、どんな車種にどれだけの機能が採用されてきているのかを見てみよう。 【HON […]

カワサキ「ニンジャ1000SX」2022年モデル登場! スポーティな4気筒ツアラー

カワサキは、1043ccの並列4気筒エンジンを搭載するスポーツツアラー「ニンジャ1000SX」のカラー&グラフィックを変更し、2022年モデルとして発売すると発表した。価格は3万3000円アップの151万8000円になり、発売日は2022年1月14日。 マルチユース極まるスポーツツーリング ウインドプロテクション性能に優れたフルカウルボディに、4種類のライディングモードやアップライトなセパレートハ […]

’21新型スズキGSX-S1000徹底解剖:ライバル比較編〈vs MT-09/ニンジャ1000SX〉

新型スズキGSX‐S1000の実力を検証する今回の企画。本記事では、ライバル対決として’21年夏に国内登場した3代目ヤマハMT-09SPと、カワサキの直4ベストセラー・ニンジャ1000SXの2台もワインディングに持ち込み、テスター丸山浩氏が比較試乗を行なった。 ヤマハMT-09:まったく異なる峠の世界観 まずは同じスポーツネイキッドのMT-09からだ。試乗したのはフロントにKYB、リヤ […]

と、通り過ぎちゃった!? ビモータ「KB4」は10月正式発表に向け開発順調!

ビモータは、2019年のEICMAで発表したテージH2に続き予告していたKB4の正式発表を10月とし、SNSではコロナによる混乱を乗り越えて順調な開発が進んでいるをアピール。今回は、ストッピーで通り過ぎるKB4の動画を公開したほか、工場での生産方式を検討している場面(?)も。 シート下にラジエターを配置した、先進のネオクラシックカフェ! ビモータは、カワサキのニンジャ1000SX系・並列4気筒エン […]

カワサキ「ニンジャ1000SX」の2022年カラー、欧州で発表! 純正OPで3つの仕様も

カワサキは欧州でニンジャ1000SXのニューカラーを設定し、2022年モデルとして発表した。2020年モデルで右1本出しマフラーや全灯LEDなどを採用したモデルチェンジを実施し、ユーロ5に適合してから2度目のカラーチェンジとなる。 もはや快適なスーパーバイク! クルーズコントロールやクイックシフターも装備 カワサキは欧州で、1043ccの4気筒エンジンを搭載するスポーツツーリングモデル「ニンジャ1 […]

ニンジャZX-25R/ニンジャ1000SX用フルエキゾーストマフラー登場〈アールズギア〉

リッタークラス向けハイスペックマフラーでおなじみのアールズギアは、カワサキ車向けラインアップも豊富。待望のニンジャZX-25R用フルエキゾーストマフラーも登場し、充実したスペックを堪能できる。 低中速トルクを向上し、速さと乗りやすさを体感 元ワークスライダーの樋渡氏が代表を務めるアールズギアは、その品質の高さから多くのファンの支持を集めている。サーキットやストリートで実際に体感できるスペックは、同 […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース