記事へ戻る

【29/33】Moto Himalaya 2022:Day04 標高5359mの峠を越えて、テント泊を楽しむの巻【with HIMALAYAN vol.13】

夕食まではチャイとクッキーがふるまわれ、テント前に集合して歓談を楽しむ。モト・ヒマラヤのスタッフはその間に、バイクのチェックや車両の整備。常にこうして参加メンバーのために働いてくれて、フレンドリーなスタッフに恵まれた。