国産名車・カワサキ ゼファー1100完調メンテナンス【基本的にはかなり丈夫】

今も絶大な人気を誇る名車たち。個性の塊であるその走りを末長く楽しむには、何に注意しどんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は、ゼファーシリーズ旗艦モデル「カワサキ ゼファー1100」について、メンテナンス上のポイントを明らかにする。

●文:ヤングマシン編集部(中村友彦) ●写真:富樫秀明 YM ARCHIVES ●取材協力:バグース! モーターサイクル

バグース! モーターサイクル

【取材協力:バグース! モーターサイクル】「Bagus!」とはインドネシア語で“最高!”という意味。その言葉が示す通り、同店ではお客さんに最高のバイクライフを提供することをモットーとしている。取材当日の店内にはZ1/GPZ900R/ZRX1200ダエグ/GSX-R1100なども並んでいたが、同店の主力機種はゼファー400/750/1100シリーズで、全国から数多くのユーザーが来店。●住所:神奈川県横浜市都筑区早淵1-25-28 B棟 ●TEL:045-534-9246 [写真タップで拡大]

細かな問題はあるものの、基本的にはかなり丈夫

エンジンも車体も電装系も、基本的には丈夫と言われているゼファー1100。ただしユーザーの間では、ヘッドガスケットからのオイル漏れ/2速ギヤの抜け/点火不良/エンジンの発熱量の多さなどが、問題点として話題になることが多いようだ。これらに関して、土屋さんの見解を聞いてみたい。

「まずヘッドガスケットは、構造的に抜けやすいのは事実ですが、ヘッドカバーかシリンダーヘッドが歪んでいるケースもあります。2速ギヤの抜けは初期型の問題で、対策が施された後期型ではめったに起こりません。点火不良については、パルシングコイル付近への水分の侵入や、速度計かイグナイターを輸出仕様に変更したことが、ネックになっているケースが少なくないですね。発熱量は確かに多いですが、オイルポンプが正常に機能して、良質なオイルを使っていれば、オーバーヒートに至ることはないと思いますよ」

なお一昔前のゼファーの中古車は、エンジンは点検だけでOKという個体が多かったものの、最近は分解整備がごく普通になりつつあるようだ。

「どこまで手を入れるかは状況次第ですが、シリンダーヘッドのバルブガイドはかなりの確率でガタが出ています。また、工具が入れにくい中央2本のプラグホールの雌ネジがナメていることは珍しくないですし、最近になって新規で整備依頼を受けた中古車の中には、転倒が原因でクランクケース右側に入ったクラックを、アルミパテで補修している車両が何台かありました」

カワサキ ゼファー1100 メンテナンスポイント

シリンダーヘッド:吸排気バルブのガタとガスケットの劣化

KAWASAKI ZEPHYR1100
KAWASAKI ZEPHYR1100

シリンダーヘッドは、全体の歪みや吸排気バルブガイドのガタが発生している個体が多い。ラバー製ガスケットは、“カエシ”が存在しない端部が抜けやすい。なおカムシャフトを交換する場合、同店ではヨシムラST-1が一番人気。 [写真タップで拡大]

キャブレター:ボディの選択で、異なるフィーリングが味わえる

KAWASAKI ZEPHYR1100

【3兄弟に共通する負圧式のCVK】純正のケーヒンCVKキャブレターは、現在でもほとんどの補修部品が入手可能。写真のCVKはフロート下部にバグース! のチョーク移設キット(7920円)を装備している。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZEPHYR1100

【抜群のレスポンスを誇るFCR】純正キャブレターのボディが磨耗限界に達した場合、あるいは、レスポンスの向上を求めるライダー用として、同店ではフラットバルブのケーヒンFCRを推奨している。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZEPHYR1100

【フロートパッキンは再利用不可】一昔前のキャブレターのフロートパッキンは、その気になれば再利用できたが…。最近の純正部品は硬化が早いようなので、いったん分解したら新品への交換がマスト。 [写真タップで拡大]

パルシングコイルカバー:点火系を守るためガスケットは必須

KAWASAKI ZEPHYR1100

オイルが回っていないためか、クランクケース右側カバーのガスケットは、入れ忘れている個体が目立つ。その結果としてパルシングコイル/ローターに水分が付着すると、点火系のトラブルが発生。 [写真タップで拡大]

トランスミッション:アウトプット側はギヤの損傷が目立つ

KAWASAKI ZEPHYR1100

ミッションはアウトプットシャフト側のギヤにダメージが出ていることが多い。すでに一部のパーツが欠品で、現在の同店は良質な中古で対応しているが、将来を見据えてオリジナルの開発も検討中。 [写真タップで拡大]

リーフスプリング:破損の可能性が高いBTLの主要部品

KAWASAKI ZEPHYR1100

減速時のフィーリングに違和感があるなら、クラッチ内部に備わるバックトルクリミッター用のリーフスプリングが破損している可能性が濃厚。’94年型で対策品に変更されたものの、以降のモデルでも破損は少なくないようだ。 [写真タップで拡大]

エンジンマウント:ラバーの劣化によってエンジンが傾く

KAWASAKI ZEPHYR1100
KAWASAKI ZEPHYR1100

フロントのマウントラバー×2が劣化すると、エンジンは正規の位置を保てなくなる。なおダイレクトなフィーリングを重視するライダーのために、バグース! ではリジッド式強化マウントを準備。2万7280円。 [写真タップで拡大]

オイル&オイルポンプ:上質なオイルをきっちり循環させる

KAWASAKI ZEPHYR1100
KAWASAKI ZEPHYR1100

トロコイド式オイルポンプ(写真は750用)も、長い目で見れば消耗部品。内部にキズや磨耗がある場合は要交換だ。同店の推奨オイルは100%化学合成のA.S.H.で、用途に応じてFSEEスペックレーシングとFSを使い分けている。 [写真タップで拡大]

オイルクーラー:チューニングエンジンは大容量化がマスト

KAWASAKI ZEPHYR1100

パワーユニットがノーマルなら、冷却系は純正でOKという姿勢の同店だが、チューニングエンジン用として、ホースが上出しの11インチ16段オイルクーラーを準備している。カラーはブラックで、価格は7万7000円。 [写真タップで拡大]

フューエルコック:分解整備よりASSY交換が得策

KAWASAKI ZEPHYR1100

燃料コックは負圧式。経年変化で内部のダイヤフラムやシールが劣化すると、オーバーフローやガソリン漏れが発生する。分解整備は出来るものの、費用対効果を考えて、同店は新品への交換を推奨。 [写真タップで拡大]

スプロケット&ドライブチェーン/リヤショック:レースで実績を積んだ社外品を推奨

KAWASAKI ZEPHYR1100

前後スプロケット+ドライブチェーンはサンスター+EK ThreeDがバグース! の定番。リヤショックは純正をオーバーホールする態勢を整えているものの、1ランク上の走りを求める人には、オーリンズやハイパープロをオススメしている。 [写真タップで拡大]

フロントブレーキ:純正OHは可能だが社外品も考慮したい

KAWASAKI ZEPHYR1100

足まわりの補修部品はすべて入手可能。ただしブレーキは、アフターマーケット製のサンスター+ブレンボに交換する人が少なくない。ホイールを変更する場合は、前後17インチのマルケジーニM10Sが定番。 [写真タップで拡大]

アクスルシャフト:クロモリ素材でフィーリングが激変

KAWASAKI ZEPHYR1100

車体のチューニングパーツとして、バグース! ではクロモリSCM-440素材を用いたシャフトを開発。左はスイングアームピボット用(3万8280円)で、中央はフロント用(3万4320円)。右はZRX/ZZR系のフロント用だ。 [写真タップで拡大]

タイヤ:ラジアル化という選択肢もアリ

KAWASAKI ZEPHYR1100

純正バイアスタイヤのブリヂストンG601/602とダンロップK505は、現在でも新品の入手が可能。ノーマルホイールでラジアル化を図る場合は、T31/32やロードスマート4などが選択肢になる。 [写真タップで拡大]

スパークユニット:強力な火花を実現するASウオタニが定番

KAWASAKI ZEPHYR1100

日本仕様はすでに欠品だが、輸出仕様のイグナイターは現在でも入手可能。ただしバグース! では、ASウオタニ製を選択する人が少なくない。写真は同店が独自に点火マップを設定した750用のキットで、価格は7万9200円。 [写真タップで拡大]

メーター:安易に交換すると中高回転域が不調に

KAWASAKI ZEPHYR1100

日本仕様のゼファー1100に、輸出仕様の240km/hメーター、あるいは速度リミッターが存在しない輸出仕様のイグナイターを使用する場合は、配線の組み換えが必要。それを行わないと、中回転以上がまともに吹けなくなるそうだ。 [写真タップで拡大]

バグース! オリジナルパーツ:ゼファーを知り尽くすゆえの品揃え

KAWASAKI ZEPHYR1100
KAWASAKI ZEPHYR1100

バグース! の人気商品となっているフェンダーレスキットは、単にリヤまわりがスッキリするだけではなく、シート下を整然とし、収納スペースとして使いやすくなるという美点を備えている。写真左はゼファーχ用で、価格は3万7180円。写真右はゼファー1100用で、その他にゼファー750用/ZRX1200ダエグ用/GPZ900R用などが存在。いずれの製品もアルマイトは黒と銀の2種。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZEPHYR1100

アルミ削り出しのステアリングステムキット。ゼファー1100用はフロント18→17インチ化を前提とした設計で、フロントフォークオフセットは30mm。価格は16万7200円。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZEPHYR1100

ノーマルからチューニング仕様まで、幅広いエンジンに対応するオールチタンマフラー。単品価格は21万7800円で、フラットオイルパンとのセットは28万6000円。 [写真タップで拡大]

KAWASAKI ZEPHYR1100
KAWASAKI ZEPHYR1100

[写真タップで拡大]

KAWASAKI ZEPHYR1100

バグース! では数年前にレーザー加工機を導入。ピストン+コンロッドをイメージしたアルミ製のヘルメットホルダー(1650円)/ライセンスプレート/ナンバーホルダー(4400/5280円)、ステンレス製のヘッドライト光軸調整用ステー(4180円)など、さまざまなアイテムを製作している。 [写真タップで拡大]

オイルキャッチタンク+小物入れ+ブリーザープレートのセット。ゼファー1100用は3万6300円で、750/400χ用は3万9600円。各部品は単品販売も行う。 [写真タップで拡大]


※本記事は”ヤングマシン”から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責は寄稿元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

[連載] プロに学ぶ’80s国産名車メンテナンスに関連する記事

国産名車・カワサキ ゼファー1100完調メンテナンス【識者インタビュー:カスタムもノーマルも楽しいバイクです】

今も絶大な人気を誇る名車たち。個性の塊であるその走りを末長く楽しむには、何に注意しどんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回はゼファーシリーズを主力とするバグース! の店長であり、その技術力の高さが高じて同シリーズの専門店「ソイルマジック」を創設するまでに至った土屋雅史氏にお話を伺った。 ゼファーに特化してきた結果、ノーマル志向の別店舗立ち上げに至る […]

国産名車・カワサキ ゼファー1100完調メンテナンス【基本的にはかなり丈夫】

今も絶大な人気を誇る名車たち。個性の塊であるその走りを末長く楽しむには、何に注意しどんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は、ゼファーシリーズ旗艦モデル「カワサキ ゼファー1100」について、メンテナンス上のポイントを明らかにする。 細かな問題はあるものの、基本的にはかなり丈夫 エンジンも車体も電装系も、基本的には丈夫と言われているゼファー1100 […]

国産名車「カワサキ ゼファー1100」再見【ネイキッド市場を牽引した空冷マルチ】

今も絶大な人気を誇る名車たち。個性の塊であるその走りを末長く楽しむには、何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回はレーサーレプリカ全盛の時代を終わらせ、ネイキッドブームの口火を切ったゼファーシリーズの長兄「カワサキ ゼファー1100」をあらためて紹介する。まずはこの名車の特徴と歴史について振り返ろう。 昔ながらの構成で爆発的な人気を獲得 […]

’80s国産名車・スズキRG400Γ/500Γ完調メンテナンス【識者インタビュー:街乗りにも普通に使えるバイクです】

今も絶大な人気を誇る’80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末長く楽しむには、何に注意しどんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は、’80年代中盤に登場した2ストGP500レーサーレプリカ「スズキRG400/500Γ」について、クオリティーワークス・山下伸氏のインタビューをお届けする。 レース参戦で実感した、圧倒的な戦闘力と耐久性 […]

’80s国産名車・スズキRG400Γ/500Γ完調メンテナンス【長期放置車両の再始動は要注意】

今も絶大な人気を誇る’80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末長く楽しむには、何に注意しどんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は、’80年代中盤に登場した2ストGP500レーサーレプリカ「スズキRG400/500Γ」について、メンテナンス上のポイントを明らかにする。 長期放置した車両の再始動には要注意 過去に本連載で取り上げたR […]

’80s国産名車「スズキRG400Γ/500Γ」再見【ライバル勢とは異なるリアルレプリカ】

今も絶大な人気を誇る’80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末長く楽しむには、何に注意しどんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回は、ライバル勢とは異なるリアルレプリカ「スズキRG400/500Γ」をあらためて紹介する。まずはこの名車の特徴と歴史について振り返ろう。 ワークス/市販レーサーに保安部品を装着しただけ? ’80年代中盤に […]

’80s国産名車・カワサキZ1000J/R完調メンテナンス【識者インタビュー:空冷Zの楽しみ方は千差万別です】

今も絶大な人気を誇る’80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末永く楽しんでいくには何に注意し、どんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる。本記事では、第2世代の空冷Z「カワサキZ1000J/R」について、ブルーサンダース・岩野慶之氏のインタビューをお届けする。 設計年度が新しくてもアドバンテージはない? ’00年にブルーサンダースを創設して以来 […]

’80s国産名車・カワサキZ1000J/R完調メンテナンス【フルノーマル状態の維持は困難】

今も絶大な人気を誇る’80年代の名車たち。個性の塊であるその走りを末長く楽しむには、何に注意しどんな整備を行えばよいのだろうか? その1台を知り尽くす専門家から奥義を授かる本連載、今回はすべてを一新した第2世代の空冷Z「カワサキZ1000J/R」について、メンテナンス上のポイントを明らかにする。 第1世代のZ1系とは異なり、フルノーマルの維持は困難 第1世代とは異なる第2世代の空冷Z固有の弱点とし […]

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース