何に乗ってもムダじゃない! オフから量産車まで、いろいろ乗ってるモトGPライダーたち

●文:ヤングマシン編集部 ●監修:青木宣篤 ●写真:Red Bull, Suzuki,Petronas SRT

D.ペトルッチ、ダカールラリー・ステージ優勝の快挙!

2輪モータースポーツ界にものすごい”事件”が起きてしまった。’21年までモトGPライダーとして活躍していたダニーロ・ペトルッチが、ダカールラリーでステージ優勝を果たしたのだ。

ペトルッチは’12年からモトGPライダーになり、10シーズンで表彰台に通算10回立ち、優勝を2回挙げているイタリア人だ。長くドゥカティを走らせていたが、’21年にKTMに移籍。1年契約を更新できず、モトGPを去ることになってしまった。

「モトGPのシートを失ったら、ダカールラリーに出たいんだ」と以前から語っていたペトルッチは、その希望を叶え、KTMからダカールに参戦。ステージ5で見事にステージ優勝を決めた。

モトGPを去った直後のライダーが、ラリーレイドに参戦して優勝するとは、異色中の異色。特にダカールラリーは苛酷な砂漠を進むため、ナビゲーション技術やトラブルからのリカバリー術などが必要で、経験が重視される。

そんな難しいラリーレイドでのステージ優勝には、2輪モータースポーツ界も拍手喝采。多くのライダーたちが祝福のメッセージを寄せ、ペトルッチ自身もインタビュー中に感極まって涙…。

ペトルッチは幼少期からモトクロスに親しみ、モトGPライダーになってからもトレーニングでオフロードを走っていた。

オフロードライディングの下地があったからこそ成し遂げられた快挙。欧州を中心に人気のラリーレイドだけに、新たな”モトGP後”の道が切り拓かれた予感!

ダニーロ・ペトルッチ|ダカールラリー
ダニーロ・ペトルッチ|ダカールラリー

【もちろん並大抵のことじゃないけども…】サウジアラビアを舞台に競われたダカールラリー。砂漠や岩場など約8000km走破するハードな競技で、「世界一苛酷なモータースポーツ」とも呼ばれる。ステージ優勝者は文字どおりの英雄だ。 [写真タップで拡大]

ダニーロ・ペトルッチ|モトGP

’19〜’20年はドゥカティファクトリーを戦ったペトルッチは、通算2勝をマーク。大柄過ぎてちょっと不利な面もありつつ、ウエット路面では強さを発揮した。 [写真タップで拡大]

ダニーロ・ペトルッチ|ダカールラリー

ダカール初参戦で見事に結果を出したペトルッチ。その姿に、「アイツができるならオレだって」と思ったライダーも少なくないはず。今後のオン/オフ界の行き来が楽しみだ。 [写真タップで拡大]

オフロードでトレーニングするモトGPライダー:滑らせてからが勝負

ペトルッチのダカールラリーステージ優勝は、なかなか象徴的な出来事だ。モトGPシーズンを終えたばかりで、十分な準備期間もない状況ながら初ラリーレイド参戦で結果を出せたのは、常日頃からオフロードライディングに親しんでいたからこそ。今のモトGPライダーたちの”生態”が浮き上がってくる。

モトGPライダーたちは、かなり積極的にオフロードライディングをトレーニングに採り入れているのだ。ケガのリスクはあっても、かなりガンガン走っている。

大きな要因は、モトGPが4スト化して以降、マシンを滑らせて走るのが当たり前になったことだ。彼らがオフロードでトレーニングしているのは、「滑ったらどう対応するか」というような消極的な話じゃない。「滑らせてから、さらにどうすれば速く走れるか」という、かなり攻めの姿勢だ。

ちなみに2スト時代は、基本的に滑らせてはいけなかった。だから滑るのが前提のオフロードライディングはオンロードとはうまくリンクしなかった。

でも今は、オンロードとオフロードが密接にリンクしている。特にタイヤがワンメイクになってからは、タイヤ性能の枠内で走っているだけでは話にならない。タイヤの限界を超えてからが勝負。ということは、「まずは滑るところまで行け。話はそこからだ」というわけだ。

これ、めちゃくちゃレベルが高い。2スト時代に比べると、ちょっと考えられないほどの話だ。モト3、モト2も4ストエンジン/ワンメイクタイヤという点では同じ。いやはや、今の若いライダーたちは本当にものすごい次元でライディングしている…。

ケーシー・ストーナー
オーストラリアダートトラック

【C.ストーナー:豪州の土が生んだ天才】豪州ダートトラックは、後輪にトライアル用タイヤを履かせるスタイル。かなりグリップするので、相当スロットルを開けないと向きが変わらない。ガバ開けして向きを変えるストーナー流の原点と言える。※ダート走行写真は別人 [写真タップで拡大]

マルク・マルケス|モトGP
マルク・マルケス|ダートトラック

【M.マルケス:ダートトラックで腕磨き】マルケスの常人離れした身体能力と反射神経はおそらく持って生まれたものだが、ダートトラックでさらに磨きがかけられたことは間違いない。まさに「滑らせてからどうする」という究極のテクニックが体に染み込んでいるのだ。 [写真タップで拡大]

アンドレア・ドヴィツィオーゾ|モトGP
アンドレア・ドヴィツィオーゾ|モトクロス

【A.ドヴィツィオーゾ:いぶし銀のモトクロス】モトクロスでかなりの腕前を発揮するドヴィ。ジャンプはケガのリスクが高いのでロードライダーは避けがちだが、お構いなしだ。 [写真タップで拡大]

アレックス・リンス|モトGP
アレックス・リンス|GSX-R1000

【A.リンス:あなどれない量産車】GSX-R1000を走らせるリンス(左)。オフロードはどうしても低速なので、高速域でのトレーニングも必要。最近はスーパースポーツを走らせるライダーも多い。 [写真タップで拡大]


※本内容は記事公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース