第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ねとらぼ交通課の気になるYouTubeネタピックアップ

「魔改造スーパーカブ」はここまで速い!  レーサーバイクとガチバトルして全員ぶち抜く快挙

元WGPライダーで車いすレーサーの青木拓磨さんが自身のYouTubeチャンネル『青木拓磨のモータースポーツチャンネル』を更新。「魔改造したスーパーカブは果たしてどんだけ速いのか」をサーキットで検証した様子を披露しました。


ねとらぼ交通課

青木さんは、自身が主催するミニバイク耐久レース「Let’s レン耐!」へビシッとカスタムしたJA07型とJA10型、2台のスーパーカブ110を投入。GSX-R125/CBR125Rなど125ccクラスのスーパースポーツモデル、さらにはレース仕様の新型グロム/NSR50/NSF100がいるエキスパートクラスのマシンと競い、「イジったカブはどれだけ速いのか? どこまで戦えるのか?」に挑みました。

「魔改造カブがどこまでレースを引っかき回してくれるか楽しみです!」(青木さん)

JA07型ベースのゼッケン100番(左)とJA10型ベースのゼッケン111番(右)。100番は見た目こそリアキャリアも載せたままのノーマル風。でもエンジンは高価な鍛造ピストンを使ったボアアップ仕様で、かなり出力を上げたハードチューン。 [写真タップで拡大]

レーサーモデルと並んで違和感なくグリッドにつき、気合い十分のスーパーカブ。 [写真タップで拡大]

カブ、ちゃんと速ぇぞぉぉ! [写真タップで拡大]

ぶぉぉぉぉぉぉ! カブ、は、速ぇぇ!

「見ていても非常に盛り上がってましたねー。タイムもちゃんと出ていましたし」(青木さん)

「目標としていた『NSR50とバトルできるまでに速くする』と『カブの底力を見せる』は達成できました」(ライダーのファインビークル山根さん)

「カブの潜在能力をあらめて感じました。カブでも十分にレースを楽しめる。『カブはちょっとイジれば速くなる!』というのが今回の結論です」(青木さん)

スーパーカブってほんとすげぇ……!!

「カブはちょっとイジれば速くなる!」 [写真タップで拡大]

ファンからも「凄い走りですね!」「ミニバイクから突然カブ出てきても違和感なくて笑った」「これは楽しいだろうなぁ」「カブを魔改造した欲が出てきた」などのコメントが多く寄せられていました。(カナブンさん)

動画はこちら↓

※写真はすべてYouTube『青木拓磨のモータースポーツチャンネル』より。
※本記事は「ねとらぼ交通課」から寄稿されたものであり、著作上の権利および文責はすべて寄稿元に属します。掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

関連する記事(ねとらぼ交通課)

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース