カワサキ GPZ900R×RIDE HI

『Ninja』をカワサキの代名詞にしたGPZ900Rは、水冷最後発の居直りともいうべき破天荒な発想で大人気に!

●文: ライドハイ編集部(根本健) ●写真: カワサキ

カッコ悪いと心配ならいっそ見せてしまえ! Z1から名車の続出で挑戦が後手に回ったカワサキ

国産4メーカーで最後発だったカワサキを、世界でトップブランドへ押し上げた1972年のZ1。その後もGPz750FやGPz550で、ハンドリングの良さで世界トップクラスの評価を得るなど、じゃじゃ馬で名を馳せたカワサキのイメージが塗り替えられるほど、空冷DOHC4気筒の傑作ブランドが確立していた。

しかしこの評判が高まるほどに、改良を加え完成度を高めるカワサキは、ライバルたちが手を付けはじめた水冷化など、次の世代の構築に後れをとることにもなっていた。

フラッグシップの新顔として空冷4気筒のGPz1100がデビューした1983年、ホンダは前年に水冷でしかもV型4気筒のVF750をデビューさせていた。

1981年のKZ1000J、続く1982年にZ1000Rとローソンレプリカで、パフォーマンスのカワサキのイメージは盛り上げていたものの、さすがに色褪せてくる危機感は察知していたのだ。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

マシン・オブ・ザ・イヤー2021

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報