’21ハーレーダビッドソン ストリートボブ114試乗ショートインプレ【さらに加速フィーリングUP】

'21ハーレーダビッドソン ストリートボブ114試乗ショートインプレ

●文:谷田貝洋暁 ●写真:真弓悟史 ●取材協力:ハーレーダビッドソンジャパン

これまで1746ccで、1869cc(=114cu.in.)エンジンの設定がなかったストリートボブが114モデルへシフト。従来からのチョッパースタイルはそのままに、最大トルクは14.7kg-mから15.8kg-mと、250rpmという僅かな回転数アップでトルクは1.1kg-mも増強。もともと地面を蹴り進むような加速フィーリングがこのエンジンシリーズの持ち味だが、114エンジン化でさらにそのキャラクターが強まった。

ハーレーダビッドソン ストリートボブ114

【’21 HARLEY-DAVIDSON STREET BOB 114】■空冷4ストV 型2気筒OHV2バルブ 1868cc ■車重297kg(装備) ■タイヤF=100/90B19 R=150/80B16 ●色:白 橙 深緑 ●価格:199万6500円~203万9400円 [写真タップで拡大]

ハーレーダビッドソン ストリートボブ114|ミニエイプハンガーハンドル
[写真タップで拡大]

ハンドルクランプ一体型のメーターとともに特徴的なのがミニエイプハンガーハンドル。ポジションは独特だが、走ってみると乗りにくさはない。

ハーレーダビッドソン ストリートボブ114|タンデムシート&ステップ
[写真タップで拡大]

チョップドリヤフェンダーなどのカスタムライクなスタイルはそのままに、今モデルよりタンデムシート&ステップが追加され2人乗りが可能に。


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報