点灯モード5種類&最大700ルーメン!

キジマ新ブランド「K3」第1弾は多目的LEDライト【アウトドアから非常時までカバー】

キジマ新ブランド「K3」第1弾は多目的LEDライト【アウトドアから非常時までカバー】

●文:ヤングマシン編集部(大屋雄一) ●写真:真弓悟史 ●取材協力:キジマ

総合開発メーカーのキジマが、キャンプ用品(Camping)、身にまとうグッズ(Clothes)、バイク装具関連(Carry)というバイクと親和性の高い3つのカテゴリーをバックアップするべく、新たに立ち上げたのが「K3(ケースリー)」というブランドだ。その第1弾として登場したのは、懐中電灯やランタン、モバイルバッテリーとしても使えるLEDライトだ。

コンパクトで携帯性抜群なのに驚くほどパワフル

K3ブランド初のアイテムとして登場したこのLEDライト、使うほどにその便利さに驚かされる。サイズはφ41mm×133mmで、充電式のリチウムイオン電池を内蔵しながら196gと軽量だ。先端部分が懐中電灯、ボディがランタンとして機能し、ボタンを押すごとに点灯と点滅モードが切り替わるほか、ボディが点灯するランタンモードではボタンを長押しするとシームレスで照度が落ちていく。ちなみに最大照度での点灯持続時間は2~3時間、最小では25時間を公称し、うまく調整すればキャンプで一晩は持ちそうだ。

キジマ K3マルチツーリングライト
[写真タップで拡大]

【キジマ K3マルチツーリングライト】●価格:3520円

ボタン側にはマグネットと吊り下げ式フックがあり、付属のカラビナとの組み合わせでさまざまな場所に設置可能。充電端子はマイクロUSBタイプBで、緊急時にはモバイルブースターとして使えるようUSB端子も設けられているのは嬉しい。

ボディ両端のパーツは質感の高いアルミニウム製で、タフな雰囲気を漂わせる。実際、IPX7相当の防水防塵性を有しており、アウトドアから非常時まで頼りになる1本だ。

キジマ K3マルチツーリングライト

ボタンを押すごとに先端スポットライト→先端フラッシュ→ボディ白色→ボディ電球色→赤&青ボディフラッシュ→消灯となる。ボディランプは長押しで照度調整可能だ。 [写真タップで拡大]

キジマ K3マルチツーリングライト

2000mAhのリチウムイオン電池を内蔵。USB出力ポート付きで緊急時にはスマホへの給電も可能。 [写真タップで拡大]

キジマ K3マルチツーリングライト

IPX7相当の高い防水防塵性を持つ。本体は硬質樹脂とアルミの組み合わせで、公称重量は196g。 [写真タップで拡大]

【2輪での携行に便利な巻き付け式のシェード】マルチツーリングライトLEDをはじめ、φ36mmのランタンに対応する巻き付け式のシェードも設定。カラーは全6種類で、タンのみ本革となる。展開サイズは最大幅185×230mmで、フラットになるので携行しやすい。

【キジマ K3ランプシェード】●色:茶 黒 緑 赤 黄 青 ●価格:1980円~


※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|最新バイク情報