’20MCショーに展示予定だったカスタムモデル

ホンダスーパーカブC125/110 ’20キジマ新作カスタムドレスアップスタイル

  • 2020/6/19
ホンダスーパーカブC125/110 ’20キジマ新作カスタムドレスアップスタイル

スーパーカブC125:発売中のパーツでドレスアップ

ノーマルでもスタイリッシュなスーパーカブC125を、さらに個性的なシティコミューターへとドレスアップするためのカスタマイズ。ヘッドライトバイザーやフィッシュテールマフラーといった目を引くパーツをはじめ、大きく無骨なノーマルのリヤキャリアは、スリムでコンパクトなものへとリプレイス。サイドバッグを装着できるように左右にバッグサポートも追加したほか、ハンドルマウントバーやヘルメットホルダーといった実用パーツも備える。

キジマ スーパーカブC125カスタム

キジマ スーパーカブC125カスタム【主要装着パーツ】■リアキャリア:1万8700円 ■バッグサポート:1万3750円(左右セット)、7150円(左右別) ■ヘッドライトバイザー:3960円 ■アクスルシャフトカバーシルバー(左右セット):3960円 ■ハンドルマウントステー クロームメッキ:7700円 ■フィッシュテールーマフラー:6万500円 [写真タップで拡大]

キジマ スーパーカブC125カスタム

ヘッドライトバイザーは、リーズナブルにマシンをキュートでカジュアルなイメージに変身させる。カスタムの第一歩としてもオススメ。 [写真タップで拡大]

キジマ スーパーカブC125カスタム

バー部分にスマホ用など各種マウントを装着できるハンドルマウントステーは、実用性の高いアイテム。ブラックカラー(7150円)もあり。 [写真タップで拡大]

キジマ スーパーカブC125カスタム

スリムなリヤキャリアで軽快なイメージに。バッグサポートで荷物の巻き込みを防ぐ。写真は本革のクラシックツールバッグ(1万6500円)。 [写真タップで拡大]

キジマ スーパーカブC125カスタム

ヘルメットホルダー(3850円)のステーは、シート下の車体側に装着。収納スペース皆無のC125では外出先で重宝するはず。 [写真タップで拡大]

スーパーカブ110:スーパーカブにもフォグランプ

スタンダードなスーパーカブ110にも新たに登場したLEDフォグランプキットを装着。ステーはクロームメッキのほかブラック仕様も選ぶことができる。ステーにマウントバーの付いたウインドスクリーンやヘッドライトバイザーなどと合わせることで、フロントまわりの雰囲気をキュートにまとめ上げることが可能だ。フィッシュテールマフラーはフルエキゾーストで、C125用と共通のJMCA政府認証品だ。

キジマ スーパーカブ110カスタム

キジマ スーパーカブ110カスタム【主要装着パーツ】■フォグランプKIT LED スモール:3万3000円(ブラック)、3万7400円(クロームメッキ) ■ヘッドライトバイザー:3960円 ■スクリーンメーターバイザー:1万9800円 ■アクスルシャフトカバーシルバー(左右セット):3960円 ■フィッシュテールマフラー:6万500円 [写真タップで拡大]

キジマ スーパーカブ110カスタム

LEDフォグランプキットは取り付けに必要なステーやスイッチも同梱。フロントフェンダー上にマウントする。スイッチはONにするとボタンが緑に点灯。 [写真タップで拡大]

キジマ スーパーカブ110カスタム

小ぶりなスクリーンメーターバイザーは、ステーがマウントバーを兼ねている便利設計。装着していれば何かと重宝すること請け合いだ。 [写真タップで拡大]

キジマ スーパーカブ110カスタム

クラシカルなスタイルを演出するフィッシュテールマフラーはスチール製で、クロームメッキの表面仕上げが施されて存在感をアピール。 [写真タップで拡大]

キジマ スーパーカブ110カスタム

アクスルシャフトのナットもカバーで覆うことで、細部の質感をアップできる。スポークのカラーラッピングと合わせて足元もオシャレに。 [写真タップで拡大]

●まとめ:宮田健一 ●写真:箱崎大輔、鶴身健、真弓悟史
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

固定ページ:

1

2