YMショートニュース|二輪業界ネタピックアップ

スマホ等”ながら運転”の厳罰化スタート【違反点数は3倍に引き上げ】

  • 2020/1/16

運転中のスマホ使用やナビの注視など、「ながら運転」を厳罰化した改正道交法の施行令が2019年12月から施行された。

交通の危機(ながら運転などにより事故を起こした場合)

運転中に携帯電話などの「ながら運転」で事故を起こした場合、これまでの違反点数は2点だったが、新道交法では一発免停の6点に。罰則についても、「3ヶ月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」へと大きく引き上げられた。また、改正後は反則金納付はなくなり、直接的に罰則が適用される。

「ながら運転」を厳罰化

交通の危機(ながら運転などにより事故を起こした場合) [写真タップで拡大]

保持(運転中の携帯電話の使用など)

ながら運転(保持)については、違反点数が1点から3点へと3倍に引き上げられ、罰則は「5万円以下の罰金」のみだったのが「6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金」へと厳罰化され、反則金についても小型が5000円から1万2000円、二輪車が6000円から15000円、普通自動車が6000円から1万8000円、大型自動車が7000円から2万5000円まで引き上げられた。

ちなみに、ハンズフリーでの通話は今までどおり合法で問題ない。

「ながら運転」を厳罰化

保持(運転中の携帯電話の使用など) [写真タップで拡大]

最新の記事

【車両ブランド】ホンダ(全記事)ホンダ(車両別)ヤマハ(全記事)|ヤマハ(車両別)スズキ(全記事)|スズキ(車両別)カワサキ(全記事)|カワサキ(車両別)BMWドゥカティトライアンフKTMハーレーダビッドソンその他外国車 【バイクカテゴリー】スーパースポーツスポーツ&ツーリングネイキッドヘリテイジ&ネオクラシックアドベンチャー&オフロードクルーザースクータービジネス&レジャー電動バイク名車/旧車/絶版車 【免許&排気量】大型二輪[1001cc〜]大型二輪[751〜1000cc]大型二輪[401〜750cc]普通二輪/ミドル[251〜400cc]普通二輪/軽二輪[126〜250cc]原付二種[51〜125cc]原付一種[〜50cc] 【キーワード】特集連載試乗インプレモトGPヘルメットウェアバッグマフラータイヤ青木宣篤岡崎静夏下川原リサ原田哲也丸山浩 【参加メディア】ヤングマシンモトツーリングプロスペックモトメカニックウィズハーレーゴーライドモーサイライドハイ