12/1、ヨコハマホットロッドカスタムショー2019に出展

ハーレー歴代「ローライダー」シリーズ×3台が横浜で揃い踏み

2020 HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S

ハーレーダビッドソン ジャパンは、2019年12月1日(日)に開催される「第28回 ヨコハマ ホット ロッド カスタム ショー 2019」(パシフィコ横浜)に出展し、歴代「ローライダー」シリーズ3モデルを展示する。

展示される3台は、伝説のデザイナー ウィリー・G・ダビッドソンが生み出した1977年モデル・初代「FXS ローライダー」、”Low & Long”をコンセプトに純正パーツ&アクセサリで特別カスタムされた2020年モデル「ローライダー」、そしてソフテイルフレームにMilwaukee-Eight 114エンジンを搭載し2020年モデルから復活した「ローライダーS」。この1台はハーレー唯一の日本人リードデザイナースタイリスト・長尾大介氏がデザインを手がけている。

当日のH−Dブースではその他に、長尾氏をはじめとした本社スタイリングチームによる「ローライダーS」開発トーク&プレゼンや、アパレル品も展示される。

2020 HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S
【2020 HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S】

【イベント概要】
・名称:第28回 ヨコハマ ホット ロッド カスタム ショー 2019 (主催:MOONEYES)
・日時:2019年12月1日(日)8:00-17:00
・会場:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)
・入場料:前売3,800円・当日4,300円(12歳以下無料)

※情報提供:ハーレーダビッドソンジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

「ローライダーS」が帰ってきた! 2016年にセンセーショナルなデビューを果たし、惜しまれつつも2年足らずで姿を消してしまったあのSシリーズだ。新しくなったFXLRSは一体どんなモデルに仕上がって[…]

FXLRS LOWRIDER S
関連記事

水冷式三層ブラシレスモーターの出力を、ギヤボックスが90度変換させるときに発生する音を積極的に使ったサウンドチューニングが施され、ライダーに高揚感を与えている。この興奮、新感覚だ。バイクの世[…]

LiveWire走行
関連記事

SURESHOT SPEED SLIM CAFE Carbon Packageなんと、美しいことか。思わず溜息がこぼれる。タンク、フェンダー、シートカウルなど外装をカーボンとした見るからに軽快[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報