第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

12/1、ヨコハマホットロッドカスタムショー2019に出展

ハーレー歴代「ローライダー」シリーズ×3台が横浜で揃い踏み

  • 2019/11/14
2020 HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S

ハーレーダビッドソン ジャパンは、2019年12月1日(日)に開催される「第28回 ヨコハマ ホット ロッド カスタム ショー 2019」(パシフィコ横浜)に出展し、歴代「ローライダー」シリーズ3モデルを展示する。

展示される3台は、伝説のデザイナー ウィリー・G・ダビッドソンが生み出した1977年モデル・初代「FXS ローライダー」、”Low & Long”をコンセプトに純正パーツ&アクセサリで特別カスタムされた2020年モデル「ローライダー」、そしてソフテイルフレームにMilwaukee-Eight 114エンジンを搭載し2020年モデルから復活した「ローライダーS」。この1台はハーレー唯一の日本人リードデザイナースタイリスト・長尾大介氏がデザインを手がけている。

当日のH−Dブースではその他に、長尾氏をはじめとした本社スタイリングチームによる「ローライダーS」開発トーク&プレゼンや、アパレル品も展示される。

2020 HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S

【2020 HARLEY-DAVIDSON LOW RIDER S】

【イベント概要】
・名称:第28回 ヨコハマ ホット ロッド カスタム ショー 2019 (主催:MOONEYES)
・日時:2019年12月1日(日)8:00-17:00
・会場:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市)
・入場料:前売3,800円・当日4,300円(12歳以下無料)

※情報提供:ハーレーダビッドソンジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

WEBヤングマシン

WEBヤングマシン

記事一覧を見る