第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

新型ハーレー2020年モデル HARLEY-DAVIDSON FXLRS LOWRIDER S

新型ハーレー ローライダーS衝撃デビュー!! #ウィズ・ハーレー

  • 2019/10/29

FXLRS LOWRIDER S

「ローライダーS」が帰ってきた! 2016年にセンセーショナルなデビューを果たし、惜しまれつつも2年足らずで姿を消してしまったあのSシリーズだ。新しくなったFXLRSは一体どんなモデルに仕上がっているのだろうか?

写真=松川忍 文=青木タカオ
取材協力/ハーレーダビッドソンジャパン https://www.harley-davidson.com/jp

見た目はもちろん、走りもより力強く

全身をブラックアウトし、ビキニカウルやブロンズのアルミ製鋳造キャストホイールを身にまとうのは、まだ記憶に新しいFXDLSと同じ。唯一無二のフォルムは「クラブスタイル」と呼ばれる西海岸発祥のカスタムトレンドを反映したもので、都会的そして不良っぽい。
今度はダイナフレームをソフテイルファミリーのニューシャシーに変えての登場。運動性能がより向上し、走りの切れ味がいっそう鋭いのは疑う余地がない。
FXLRSが搭載するVツインエンジンは、ミルウォーキーエイト114(排気量1868cc)。旧型が積んだツインカム110(1801cc)より最大トルクも143→155Nmと大幅に向上。強力な心臓部と高性能なシャシーで、完全に生まれ変わっているのだ。

FXLRS LOWRIDER S 詳細

セクシーなクラブスタイルもう逃すわけにはいかない!

新しい車体は、ブラックアウト仕上げへのこだわりに目を見張るものがある。マフラーと排気シールドは「ジェットブラック」に、フォークやトリプルクランプ、ライザーとハンドルバー、リアフェンダーサポートは「マットブラック」にカラーリングされ、LEDレイバックテールランプにはスモークレンズを採用。エンジン系統も、パワートレインやプライマリーカバー、タンクコンソールは艶を抑えた「リンクルブラック」に、ダービーカバーやインテーク、下部ロッカーカバーは高級感漂う「グロスブラック」に分けてフィニッシュへと至っている。
そして5ガロンタンクには、伝統的なグラフィックがセクシーな赤で描かれているのだから、もうたまらない!

FXLRS LOWRIDER S 詳細

ローライダーSならではのアイコンたちも踏襲。タンクオン・デュアルメーターを含め、全身を黒尽くめにし、精悍なスタイルとしている。LEDレイバックテールランプはスモークレンズ付き。

HARLEY-DAVIDSON FXLRS LOWRIDER S

■全長✕全幅✕全高:2.355✕850✕1,160mm■シート高(無負荷状態):690mm■最低地上高:120mm■ホイールベース:1,615mm■車両重量:308kg■レーク・トレール:28.145mm■フューエルタンク容量:18.9L■フロントタイヤ:110/90B19■リアタイヤ:180/70B16■フロント・リアブレーキ:フロント固定4ピストン・リアフローティング2ピストン■主要装備:Milwaukee-Eight114(排気量:1,868cc)■最大トルク155Nm/3000rpm■43mmシングルカートリッジ倒立フロントフォーク■ABS

■車両本体価格(消費税10%込)
ビビッドブラック:244万900円 バラクーダシルバー:248万3800円

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ウィズ ハーレー編集部

ウィズ ハーレー編集部

記事一覧を見る

編集者とユーザーが“一緒に”ハーレーという乗り物を楽しむために誕生した、ハーレーダビッドソン専門誌が「WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)」だ。誌名を公募および投票で決定するという新しい試みに挑んだ結果、ウィズ・ハーレーに決定した。