SSライダーにオススメの正確な操作性

透湿防水ブーツ「ファストバック v2 ドライスターシューズ」着用インプレッション

ファストバック v2 ドライスターシューズ[アルパインスターズ]

イタリアンブランド・アルパインスターズの透湿防水ライディングシューズをテスト。ドライビング用に迫るほどスマートなシルエットが印象的だ。街乗りからスポーツ走行まで対応できるというのがコンセプトで、様々なシチュエーションで万能的に使える1足だ。特にスーパースポーツ系のオーナーに強く薦めたい優秀なシューズと言えよう。

(◯)レーシングブーツに迫るタイトな履き心地

ドライビング用に迫るほどスマートなシルエットが印象的なこのシューズ。ドライスターメンブレンによる透湿防水仕様であり、街乗りからスポーツ走行まで対応できるというのがコンセプトだ。カラバリは4色で、いずれも黒がベースとなる。

履き心地はかなりタイトだ。親指根元~小指根元のいわゆるワイズと呼ばれる部分が狭く、人によっては1サイズ大きめを選んだほうがいい場合も。ただし、これは無駄な空間がないという解釈もでき、今回はそのままテストを継続することにした。

実際にバイクに乗っての印象は非常にいい。ソールが薄くて硬く、またツマ先は補強材のおかげで変形しにくいことから、とにかく操作感がかっちりとしているのだ。付け加えると、アッパーとソールの段差が限りなくゼロに近いので、特に左足はシフトペダルを操作する際の引っ掛かりがなく、ストレスは皆無だ。全体の印象はレーシングブーツに匹敵するほどで、しかもブーツほど重くないから街乗りも苦にならない。

歩行性はそれなりだが、ブーツよりは圧倒的に散策しやすい。この見た目で防水というのもうれしい。

ファストバック v2 ドライスターシューズ[アルパインスターズ]
【ファストバック v2 ドライスターシューズ[アルパインスターズ] ●税込価格:2万7864円●サイズ:25.0~28.5㎝●色:黒×白、黒×黄、黒×赤、黒】天然皮革と人工皮革の融合:アッパー素材は天然皮革とマイクロファイバーで構成。くるぶしを保護するプロテクターがほとんど目立たないのもポイントだ。
ファストバック v2 ドライスターシューズ[アルパインスターズ]
(左)土踏まずに段差のないラバーコンパウンドカップソール。アッパーとの段差が少なく、引っ掛かりのない操作性を実現。(右)カカトとツマ先には人間工学的にデザインされた補強を挿入。裏地には通気性に優れたメッシュライニングを採用する。
ファストバック v2 ドライスターシューズ[アルパインスターズ]
(左)アッパーと裏地との間には、ドライスターと呼ばれる透湿防水メンブレンが挿入されており、優れた防水性を発揮する。(右)幅の広いベルクロストラップとシューレースにより高いフィット感を実現。長めに設計されたタンはスネの保護が狙い。

(△)ワイズが狭めなので試し履きをお勧めする

余計な空間がない分だけ操作時のタイムラグがなく、それが気持ち良くもあるが、とはいえワイズが狭いので甲高幅広の人は実店舗で試し履きしてからサイズを選んだ方がいいだろう。

【結論】SS系オーナーに強く薦めたい優秀なシューズ

バイクとの重要な接点の一つである足元。フットウエアの剛性次第でマシンの印象が変わることもしばしばだ。このシューズは操作性に優れるだけでなく、ステップから挙動も伝わりやすいので、ぜひスーパースポーツ系オーナーに試してほしい。

●写真:飛澤 慎
※取材協力:岡田商事

※ヤングマシン2019年5月号掲載記事をベースに再構成

関連記事

モトフィズから販売されている、デイパックにもシートバッグにもなる防水バッグ「タフザックSQ」シリーズ。容量は15Lと25Lの2種類。今回は前者をメインにテストしてみた。タフザックSQ15/SQ2[…]

タフザックSQシリーズ[モトフィズ]
関連記事

元全日本ライダーが開発に携わっているブーツブランド”ワイルドウィング“が送り出した個性的な長靴は、靴型からゴムの配合に至るまで独自仕様という製品だ。[AD1](○)フィット感をはじめペ[…]

ワイルドウィング RIN-001 フラミンゴ
WEBヤングマシン|最新バイク情報