新型カタナにまたがれる…かも!?

モーターサイクルショー2019直前予習:スズキブース出展情報

  • 2019/3/14

年に一度のバイク祭りが今年もやって来た! 2019年のモーターサイクルショーは、大阪会場が3月15日(金)から17日(日)、東京会場が3月22日(金)から24日(日)の日程で開催される。そこで開催直前の予習タイム、主な車両メーカーのブース出展内容をまとめておこう。今回のスズキブースの目玉は何と言っても国内初お目見えの「KATANA」だろう。この1台のためだけに会場に向かうファンも多いのではないだろうか。

新型カタナにまたがれる…かも!?

昨年2018年の衝撃の復活発表から数ヶ月、ついに新型「KATANA」が我々日本人の目の前に現れる。参考出品される新型とともに、1980年から始まるカタナの歴史や魅力を紹介。初代のGSX1100S KATANAも展示される。国内の発売時期は未定だが、まずはその勇姿を拝しておきたいところだ。

SUZUKI KATANA [2019]

新型「KATANA」(参考出品車)

会場では新型「KATANA」をはじめ多数の国内向け市販車にまたがることができる。また、MotoGP体験コーナーや物販コーナーを設ける。大阪会場ステージでは、”隼”駅で知られる鳥取県・若桜鉄道が3月16日に行う、新しい”隼”ラッピングデザインを施した車両の出発式典との中継や様々なイベントも予定されている。

展示車両(参考出品車)

KATANA

SUZUKI KATANA [2019]

新型「KATANA」(参考出品車)

GSX-RR(MotoGP参戦車両)

SUZUKI GSX-RR

SUZUKI GSX-RR

GSX-R1000R ABS(新グラフィック採用の輸出仕様車)

SUZUKI GSX-R1000R

SUZUKI GSX-R1000R

国内向け市販車(スーパースポーツ)

GSX-R125 ABS

SUZUKI GSX-R125

SUZUKI GSX-R125

国内向け市販車(ロードスポーツ)

GSX-S1000 ABS

SUZUKI GSX-S1000 ABS

SUZUKI GSX-S1000 ABS

GSX-S750 ABS

SUZUKI GSX-S750 ABS

SUZUKI GSX-S750 ABS

GSX-S125 ABS

SUZUKI GSX-S125

SUZUKI GSX-S125

SV650X ABS

SUZUKI SV650X ABS

SUZUKI SV650X ABS

SV650ABS

SUZUKI SV650 ABS

SUZUKI SV650 ABS

GSX250R

SUZUKI GSX250R

SUZUKI GSX250R

ジクサー

SUZUKI GIXXER

SUZUKI GIXXER

国内向け市販車(アドベンチャー)

V-Strom 1000XT ABS

SUZUKI V-STROM 1000XT ABS [2019]

SUZUKI V-STROM 1000XT ABS

V-Strom 650XT ABS

SUZUKI V-STROM 650XT ABS [2019]

SUZUKI V-STROM 650XT ABS

V-Strom 250 ABS

SUZUKI V-STROM 250

SUZUKI V-STROM 250

スクーター

バーグマン400 ABS

SUZUKI BURGMAN

SUZUKI BURGMAN 400 ABS

バーグマン200

SUZUKI BURGMAN 200

SUZUKI BURGMAN 200

SWISH LIMITED

SUZUKI SWISH LIMITED

SUZUKI SWISH LIMITED

モーターサイクルショー2019 開催概要

大阪会場

・開催日時:2019年3月15日(金)〜17日(日)10:00〜17:00
・開催場所:インテックス大阪1・2号館、屋外特設会場
・主催:一般社団法人 日本二輪.普及安全協会 近畿ブロック

東京会場

・開催日時:2019年3月22日(金)〜24日(日)10:00〜18:00(24日のみ17:00まで)
・開催場所:東京ビッグサイト 西1〜西3ホール アトリウム 西屋上展示場
・主催:東京モーターサイクルショー協会

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

カサ

カサ いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)