マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ホンダがミラノショーで正式発表

2019新型CBR650Rは、6kg軽量化にトラコン投入

2018年11月6日、イタリアで開催のミラノショーでホンダが2019年モデルを多数新発表した。ここでは、イメージを刷新した2019新型CBR650Rを紹介しよう。

実用性とスポーツ性を両立させたRに進化

2019年モデルでCBR650FはCBR650Rに車名を一新するとともに、コンセプトの修正とモデルチェンジが実施されることになった。車名についてはこれまも当WEBで報じてきているが、「F」が終了となり「R」に移行する流れで、同時にネイキッドのCB650FがCB650Rに一新されている。CBR650について言えば、これまでのFコンセプトが否定されるものではなく、Fならではの実用性はキープしつつ「RR」に通じるアグレッシブな外観や適度なスポーツ性を盛り込んでいる。既存のCBR500Rについても同様のコンセプトの下、2019年モデルでスタイルやライディングポジションが見直しされている。

そして、2019新型CBR650RはCBR1000RR譲りのスポーティな外観を獲得。さらに、前傾を増したライディングポジションへの変更とエンジン性能の向上や軽量化、足まわりの強化が実施されている。ぱっと見はまるでCBR1000RRと見紛うほどの仕上がりで、もうそこにFの面影はない。新たに生まれ変わった「CBR-R」が、高性能化と高額化にとどまるところを知らないリッターSSに代わり、ライトなスポーツモデルとして新たなポジションを築くかも知れない。

【HONDA CBR650R 2019年型欧州仕様】並列4気筒649㏄のベーシックスポーツモデル。’19モデルでCBR650FからCBR650Rに車名を変え、外観も中身も攻めに転じたが、従来の使い勝手のいいFコンセプトは失われていない。

カラーバリエーションは赤と黒の2種類。従来のFからフロントブレーキがラジアルマウント化された他、サスやホイール、フレーム、外装など多くのパーツが一新されている。

CBR650R(左)とCBR1000RR(右)を比較してみると顔つきはかなり似ているのが分かる。

エンジン&シャーシも全面的に見直し

CBR650Rの並列4気筒エンジンは、ピストンを改良し圧縮比がアップ。さらにバルブタイミングの変更や、インテークダクト/エキゾーストシステムの改良で吸排気効率を高めることで最高出力が約4ps、最高出力発生回転が1000rpm上昇した。マフラーも改良され、サウンド面でも魅力が向上。また、調整可能なトラクションコントロールを装備した他、アシスト/スリッパークラッチを装備し、クラッチ操作の負担を軽減している。

シャーシは、650Fでは正立フォークだったフロントサスがSHOWA製の径41mm倒立セパレートファンクションフォーク(SFF)に変更された。スチール製ダイヤモンドフレームは従来の鋳造からプレスのピボットプレートとなり1.9kg軽量化された。楕円パイプのツインチューブは柔軟性に富み、ヘッドパイプ部分の剛性は高く設定されたもので、好バランスのハンドリングと高いフィードバックが得られるものとなっている。

シートユニットはコンパクトになり、後部をショート化。ライディングポジションは、ハンドル位置を前に下にそれぞれ30mm、ステップ位置は後ろに3mm、上に6mm移動してよりスポーティなものとなった。一方、シートの高さは810mmをキープしている。

2013年にCBR650F/CB650Fのために新作されたエンジンは、ファインチューンで出力アップ。スチール製ダイヤモンドフレームは軽量化と剛性バランスの最適化を図っている。尚、全体での軽量化はー6kgを達成した。

CBR650R(上)とCBR650F(下)を比較。Rは、倒立フォークの採用に伴いコックピットを一新。セパハンのクリップ位置もトップブリッジ下に移動された。メーターはCBR500Rと共通のデザインで、ギヤポジションやシフトタイミングインジケーターなどの機能が追加されている。

上段がCBR650R、下段がCBR1000RR。灯火類はLEDでヘッドライト、テールランプとも形状や発光時の印象も似ている。

【HONDA CBR650F 2017年型国内仕様 価格:103万1400円】新開発直4エンジンを搭載したフルカウルのロードスポーツで、グローバル戦略モデルとして登場した。’17年のモデルチェンジでヘッドライトをLED化するとともに7psアップを果たした。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 648㏄ 90ps/11000rpm 213kg

諸元は全て欧州仕様

「【スクープ】ホンダ2019新型CBR650Rの姿を予想」記事はこちらへ。
「2019新型CBR500RがRRルックに刷新、CBR400Rもこうなる?!」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018