マシン・オブ・ザ・イヤー2018
ホンダがミラノショーで正式発表

2019新型CB650Rがデビュー、国内でも販売を予定

2018年11月6日、イタリアで開催のミラノショーでホンダが2019年モデルを多数新発表した。ここでは、新たにCB-Rシリーズに加わった2019新型CB650Rを紹介しよう。

FからRへ、CB1000Rの兄弟モデルに加わった

2019年モデルでCB650FはCB650Rに車名を一新するとともに、2018年モデルで誕生したCB-Rシリーズの一員に加わることになった。車名についてはこれまも当WEBで報じてきているが、「F」が終了となり「R」に移行する流れで、同時にフルカウルのCBR650FがCBR650Rに一新されている。CB650は他のCB-Rシリーズと同様にネオスポーツカフェコンセプトに準じたデザインを採用し、これまでのFのイメージから脱却。同時に、足まわりやライディングポジションに適度なスポーツ性を盛り込んだものとしている。並列4気筒エンジンの美しいエキパイのラインはフラッグシップのCB1000Rにもない特徴で、さらにちょうどいいサイズ感や優れたコストパフォーマンス(価格は未定だが、1000よりも大幅に安価と予想できる)から人気となる可能性を秘めているだろう。

【HONDA CB650R 2019年型欧州仕様】従来モデルのCB650Fのエンジンやフレーム、足まわり、デザインを刷新し、現代的なカフェレーサーイメージとした新生650ネイキッド。写真のカラーは、マットジーンズブルーメタリックだ。

ハンドルやヘッドライト部分以外はフルカウル版のCBR650Rと共通としていると思われるが、全く異なったモデルに見せることができている。写真のカラーは、マットクリプトンシルバーメタリックだ。

他のCB-Rシリーズと同じコンセプトでデザインされているが、ヘッドライト以外はCB650R独自のデザインとなっている。写真のカラーは、キャンディークロモスフィアレッドだ。

カラーバリエーションは全4色で、メインカラーはこのグラファイトブラックだ。上底が凝縮された台形シルエットはCB-Rデザインの基本コンセプトで、650でも採り入れられている。

丸目のLEDヘッドライトは上下2分割でハイ&ローを切り替えるタイプ。リング状のポジション灯も含めてCB-Rシリーズのトレードマークとなっている。ハンドルはテーパータイプで、タイヤはメッツラーのロードテック01を装着している。

エンジン&シャーシも全面的に見直し

CB650Rの並列4気筒エンジンは、ピストンを改良し圧縮比がアップ。さらにバルブタイミングの変更や、インテークダクト/エキゾーストシステムの改良で吸排気効率を高めることで最高出力が約4ps、最高出力発生回転が1000rpm上昇した。マフラーも改良され、サウンド面でも魅力が向上。また、調整可能なトラクションコントロールを装備した他、アシスト/スリッパークラッチを装備し、クラッチ操作の負担を軽減している。

シャーシは、650Fでは正立フォークだったフロントサスがSHOWA製の径41mm倒立セパレートファンクションフォーク(SFF)に変更された。スチール製ダイヤモンドフレームは従来の鋳造からプレスのピボットプレートとなり1.9kg軽量化された。楕円パイプのツインチューブは柔軟性に富み、ヘッドパイプ部分の剛性は高く設定されたもので、好バランスのハンドリングと高いフィードバックが得られるものとなっている。

ライディングポジションは、ハンドル位置を前に13mm下に8mm、ステップ位置は後ろに3mm、上に6mm移動して少しスポーティなものとなった。一方、シート高は810mmをキープしている。

スマホ画面をイメージしたというCB1000Rのメーター(左上)を模したレイアウトの新型液晶メーターを採用。ギヤポジションやシフトタイミングインジケーターなどの機能が追加されている。

左列がCB650Rで右列がCB1000R。ヘッドライトは両車同じパーツと思われる。テールランプは同じ半円型デザインとなるが形状は異なっているのが分かる。ウインカーはともにLEDだ。

2018年に一気にデビューしたCB-Rシリーズ。左から250、125、1000で、それぞれタンクやシュラウド部分は異なるデザインが与えられる一方、全車倒立フォーク&ラジアルマウントキャリパーにするなど、共通イメージを持たせている。

【HONDA CB650F 2017年型国内仕様 価格:92万3400円】CB650Rの前身はこのモデル。ホンダはCB650Rの国内販売を11月6日に予告している。■水冷4スト並列4気筒DOHC4バルブ 648㏄ 90ps/11000rpm 208kg


「2019新型CBR650Rは、6kg軽量化にトラコン投入」記事はこちらへ。
「ホンダが2019新型CB500Xを発表、新型400Xも発売を予告」記事はこちらへ。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->