第50回『マシン・オブ・ザ・イヤー2022』 &『 マシン・オブ・ザ・50イヤーズ』人気投票受付スタート

ヤマハXSR900のフルカウルネオクラ仕様が来る?!【今秋発表に期待|YM未来予想】

ヤマハXSR GP[予想モデル]

●文:ヤングマシン編集部 ●CG:SRD

ヤマハは、日本/欧州/オーストラリアで「XSR GP」という商標を2022年4月に出願。ネオクラシックネイキッドであるXSRの派生バージョンを検討している模様だ。

「GP」の名称で思い浮かぶのは、『ヤングマシン』2022年1月号で提唱したXSR900のフルカウル仕様だ。そもそも現行XSR900は、’80年代WGPレーサーのYZR500をイメージしたデザイン。「XSR GP」はカウルをまとい、より忠実に“GP”マシン風のフォルムを再現すると予想したい。

なお過去において、’17XSR900にビキニカウルを装着した“アバルト”バージョンが欧州限定で販売された。XSR GPが現実に発売されれば、XSRシリーズ初のフルカウルとなる。

近頃はMVアグスタ スーパーヴェローチェ/トライアンフ スピードトリプル1200RR/ホンダ ホーク11のように、’60~’70年代風ロケットカウルがトレンド。XSRの場合もSTDの丸眼1灯を活かした’70年代末~アーリー’80年代のレトロレーサー風がよく似合う。ただし、ひと工夫を加えるのがヤマハ流。’80年代の耐久レーサーFZR750のように2眼フルカウルも可能性アリ、と予想したい。

ヤングマシン編集部では、XSR GPの発表時期を’22年秋と予想する。

ヤマハXSR GP[イメージCG]

【予想モデル:’23 YAMAHA XSR GP】●予想登場時期:’22年秋 ●想定価格帯:130万~140万円台 [写真タップで拡大]

ヤマハXSR GP[イメージCG]

【耐久顔もアリ!?】ケニー・ロバーツが駆り、’78~’80年の世界GPを3連覇した伝説のYZR500をオマージュ! 耐久レーサーFZR750風の2眼もイケる! [写真タップで拡大]

ヤマハXSR900

【ベース&モチーフモデル:’22XSR900&’86YZR500】XSR900は’80年代の世界GP500ccで活躍したYZR500(のカウルレス)がモチーフ。プロモーション映像では当時のGPライダーだったクリスチャン・サロンと、彼が駆った’86YZRが登場していた。このPVは、よりYZRレプリカに近いフルカウルのXSR GPを予告していた? [写真タップで拡大]


※本記事は“ヤングマシン”が提供したものであり、著作上の権利および文責は提供元に属します。なお、掲載内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な記載がないかぎり、価格情報は消費税込です。

最新の記事

WEBヤングマシン|新車バイクニュース