青木宣篤の上毛GP新聞

’20モトGP第2戦〜第4戦振り返りネタ×4選【ポイントリーダーはクアルタラロ】

  • 2020/9/1

骨折マルケス、術後即参戦【先のことなど考えねぇ!】

いろいろと超人的だったのがマルク・マルケス(ホンダ)だ。第2戦スペインGP決勝5周目にコースアウト。約200km/hでランオフエリアに飛び出しながら、転ばずコース復帰してみせた。

ここから本領発揮! 16番手まで順位を落としながら怒濤の追い上げを開始した。猛烈な勢いで前を行くライダーたちをバッサバッサと抜き去ると、14周後にはなんと3位にまで復帰したのだ。

最後は特大ハイサイドで転倒リタイヤし、右上腕を骨折。ところが火曜日に手術を受け土曜日には第3戦アンダルシアGPに出走とは……。お、恐ろしい……。

さすがに決勝は断念し以後欠場しているが、「後先考えない」の極致。今走らなければ先はない。やらずに後悔するより、やって後悔する。それがレーシングライダーという生き物だ。マルケスはその究極体であることを示した。要はどうかしているのだ、レーシングライダーってヤツは……。

[写真タップで拡大]

転倒2日後に手術を受け、その4日後にレーシングスーツを着る……。尋常じゃない。

[写真タップで拡大]

走ってはみたが、決勝は断念。「やってみて判断」の超現場主義!

クアルタラロの浮沈【連覇の後は7位と低迷】

ブレーキの使い手、ファビオ・クアルタラロが2連覇を達成! ’19シーズンからいつ勝ってもおかしくなかったクアルタラロが、超・超人マルケス不在の間に勝ち星を重ね、チャンピオンシップでは圧倒的に有利な立場となった。

……と思いきや、第4戦チェコGPではいきなり7位という乱高下。どうも予選での握りゴケによる精神的ダメージが大きかったようだ。

今、クアルタラロがピカイチの速さを持っていることは確か。勢いに乗っているが、それだけに一発の転倒が怖い。特に得意なブレーキングで足元をすくわれたので、傷心度は大きかったはずだ。

もともとクアルタラロのライディングスタイルは、ちょっとでもフロントのエッジグリップに不安感があると攻められなくなるもの。もちろん「ほんのちょっと」のことだが、その「ほんのちょっと」が積み重なると「全然イケてない結果」となってしまうのだ。

ホント、シビアな世界なんですよ……。

[写真タップで拡大]

この先、具体的にチャンピオンが見えてくると巨大なプレッシャーがのしかかってくる。21歳のフランス人には、恐るべきメンタルの戦いが待っているのだ。

〈次のページは…〉ザルコの前輪交信力|ロッシ、41歳の表彰台
固定ページ:

1

2 3