カラーバリエーションは緑×黒、白×黒、黒、青の4色!

速報:ニンジャZX-25Rはラムエア51psで約71万円! インドネシア先行発表…日本は?

  • 2020/7/10
カワサキ ニンジャZX-25R

予告通り、カワサキインドネシアが2020年7月10日17時にオンライン発表会を開催。Ninja ZX-25Rのバリエーション展開と価格、そして何よりも気になるスペック情報が明らかになった。日本仕様はまだ少し先になりそうだが、スペックも価格も大きな違いはないはず……?

なんとインドネシア仕様、最高出力は50ps/15500rpm、ラムエア加圧時は51ps/15500rpmだった!

ヤングマシン2019年8月号でのスクープ記事から早1年。同年秋には東京モーターショーで姿を現したものの、スペックや価格、発売時期については正式発表されていなかったニンジャZX-25Rだが、ついにすべてが明らかになった。2007年まで販売されていたホンダ・ホーネット250以来のニーゴー4気筒が復活する!

といっても、日本国内での正式発表は未だ行われていない。どこで発表されたかといえば、250ccクラスがもっとも熱視線を浴びているというインドネシアだ。本来ならば4月に発表予定だったが、新型コロナウイルスの影響からこのタイミングになった。これまでに数々のティーザー映像が断続的に公開され、ちょうど一週間前の7月3日には「2020年7月10日、17時にオンライン発表会を行う」とのメッセージが放たれた。ついに……!

そうして現れたのが上記映像でオンライン発表されたニンジャZX-25R、およびニンジャZX-25R ABS SEだ。カラーバリエーション展開としては、STDが黒、そしてABS SEは日本で言うKRTエディションにあたる緑×黒、白×黒、青×黒の3色となり、計4色がラインナップされる。

完全新設計、50ps(ラムエア加圧時51ps)/15500rpmの249cc並列4気筒エンジンは共通で、これに専用設計のトレリスフレームを組み合わせ、フルパワー/ローパワーの2段階パワーモード、3モード切替付きのKTRC(カワサキトラクションコントロール)やアシスト&スリッパークラッチ、ラジアルマウントのモノブロックキャリバーなど、大排気量クラスも顔負けの装備を誇る。さらに、SEはオートブリッパー付きでアップ/ダウン両対応のKQS(カワサキクイックシフター/2500rpm以上で作動)を標準装備(STDはオプション)。前後タイヤはダンロップのラジアル「GPR300」で、リヤタイヤは400ccクラスと同等サイズの150/60R17を履きこなす。

ABS SEが標準装備(STDではオプション設定)するのはKQSだけではなく、ABS、フレームスライダーやスモークシールド、リムステッカー、シングルシートカバーなども。

なお、ヘッドライトはLEDで、センターにはラムエアダクトを設置。デザインはニンジャZX-Rシリーズ共通のフェイスを与えられる。

気になるのは価格だろう。インドネシア現地価格は9600万ルピア(ABS SEは1億1290万ルピア)で、日本円に換算(1ルピア=0.0074円@7月10日)すると約71万円(ABS SEは83万4000円)となる。7月11日~12日にプリオーダーを受け付け、8月にデリバリーがはじまるという。

カワサキ ニンジャZX-25R

残念ながらインドネシア語を読むことはできないが、フレームやストリップなども映像中では初公開された。

※本記事中のその他の情報はオリジナルサイトに掲載されています。

固定ページ:

1

2 3