カラーバリエーションは緑×黒、白×黒、黒、青の4色!

速報:ニンジャZX-25Rはラムエア51psで約71万円! インドネシア先行発表…日本は?

  • 2020/7/10
カワサキ ニンジャZX-25R

予告通り、カワサキインドネシアが2020年7月10日17時にオンライン発表会を開催。Ninja ZX-25Rのバリエーション展開と価格、そして何よりも気になるスペック情報が明らかになった。日本仕様はまだ少し先になりそうだが、スペックも価格も大きな違いはないはず……?

なんとインドネシア仕様、最高出力は50ps/15500rpm、ラムエア加圧時は51ps/15500rpmだった!

ヤングマシン2019年8月号でのスクープ記事から早1年。同年秋には東京モーターショーで姿を現したものの、スペックや価格、発売時期については正式発表されていなかったニンジャZX-25Rだが、ついにすべてが明らかになった。2007年まで販売されていたホンダ・ホーネット250以来のニーゴー4気筒が復活する!

といっても、日本国内での正式発表は未だ行われていない。どこで発表されたかといえば、250ccクラスがもっとも熱視線を浴びているというインドネシアだ。本来ならば4月に発表予定だったが、新型コロナウイルスの影響からこのタイミングになった。これまでに数々のティーザー映像が断続的に公開され、ちょうど一週間前の7月3日には「2020年7月10日、17時にオンライン発表会を行う」とのメッセージが放たれた。ついに……!

そうして現れたのが上記映像でオンライン発表されたニンジャZX-25R、およびニンジャZX-25R ABS SEだ。カラーバリエーション展開としては、STDが黒、そしてABS SEは日本で言うKRTエディションにあたる緑×黒、白×黒、青×黒の3色となり、計4色がラインナップされる。

完全新設計、50ps(ラムエア加圧時51ps)/15500rpmの249cc並列4気筒エンジンは共通で、これに専用設計のトレリスフレームを組み合わせ、フルパワー/ローパワーの2段階パワーモード、3モード切替付きのKTRC(カワサキトラクションコントロール)やアシスト&スリッパークラッチ、ラジアルマウントのモノブロックキャリバーなど、大排気量クラスも顔負けの装備を誇る。さらに、SEはオートブリッパー付きでアップ/ダウン両対応のKQS(カワサキクイックシフター/2500rpm以上で作動)を標準装備(STDはオプション)。前後タイヤはダンロップのラジアル「GPR300」で、リヤタイヤは400ccクラスと同等サイズの150/60R17を履きこなす。

ABS SEが標準装備(STDではオプション設定)するのはKQSだけではなく、ABS、フレームスライダーやスモークシールド、リムステッカー、シングルシートカバーなども。

なお、ヘッドライトはLEDで、センターにはラムエアダクトを設置。デザインはニンジャZX-Rシリーズ共通のフェイスを与えられる。

気になるのは価格だろう。インドネシア現地価格は9600万ルピア(ABS SEは1億1290万ルピア)で、日本円に換算(1ルピア=0.0074円@7月10日)すると約71万円(ABS SEは83万4000円)となる。7月11日~12日にプリオーダーを受け付け、8月にデリバリーがはじまるという。

カワサキ ニンジャZX-25R

残念ながらインドネシア語を読むことはできないが、フレームやストリップなども映像中では初公開された。

数字でわかる「Ninja ZX-25R」のエンジン設計のヤバさ!

さて、2020年現在では250ccクラス唯一となる並列4気筒エンジンだが、パワーモードやトラクションコントロール、クイックシフターといった電子制御装備に驚くだけでは済まない。

まず最高出力だが、50ps/15500rpm(ラムエア加圧時51ps/15500rpm)は、現代の排出ガス規制をクリアしながら、往年のZXR250の45ps/15000rpm(※後年は40ps/15500rpm)と比べて大きく上回り、さらに伸びやかなパワー特性を期待できそうな数値。レブリミットは明らかにされていないものの、ニンジャZX-25Rは17500rpmまで回るというウワサもある。

ZXR250とニンジャZX-25Rのエンジン

以前の記事ではZXR250(最終モデルは1993年)とニンジャZX-25Rのエンジンを外観から比較。シリンダーの長さが3mm短いことから、ショートストローク化の可能性を予見していた。

この出力を実現するには多様な要素があると思われるが、なかでも注目したいのはボア×ストローク値だ。ZXR250の[49×33.1mm(ボアスト比1.480)]に対し、ニンジャZX-25Rは何と[50×31.8mm(ボアスト比1.572)]という異様なショートストロークになっている。これがどのような数値かというと、たとえばモトGPマシンと同じ異次元のボア×ストロークと言われるドゥカティ・パニガーレV4Rは[81×48.4mm(ボアスト比1.674)]で、ほぼ同等のホンダCBR1000RR-Rは[81×48.5mm(ボアスト比1.670)]。次にショートストロークなBMW・S1000RRは[80×49.7(ボアスト比1.610)]だ。そして、その次にあたるヤマハYZF-R1の[79×50.9(ボアスト比1.552)]をニンジャZX-25Rは超えているのだ。

一方でニンジャZX-25Rの圧縮比は11.5とされ、CBR250RR(11.5)やニンジャ250(11.6)と同等。これはスムーズな吹け上がり&エンジンブレーキ特性を狙ったものだろう。排気量の違いもあるので一概には言えないが、V4R(14.0)やRR-R(13.2)に比べると、チューニングの余地もあるのではないかと感じられる。

日本仕様が全くの同スペックで発表されるかはわからず、排出ガス規制のレギュレーションが異なることから特に最高出力に関しては不透明だが、とにかく早く乗ってみたいし、サウンドも聞いてみたい。(おそらく)もう少しの辛抱だ!

カワサキ ニンジャZX-25R

見てください、このパワーカーブ! 文字は一部の数字しか読めませんけど。

KAWASAKI Ninja ZX-25R/ABS SE[2021 Indonesia model]

主要諸元■全長1980 全幅750 全高1110 軸距1380 シート高785(各mm) 車重182kg[180kg](装備)■水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 249.8cc ボア×ストローク50×31.8mm 圧縮比11.5 最高出力50ps/15500rpm 最大トルク2.3kg-m/14500rpm 変速機6段 燃料タンク容量15L■キャスター24.2度/トレール99mm ブレーキF=φ310mmディスク+4ポットキャリパー R=φ220ディスク+1ポットキャリパー タイヤサイズF=110/70R17 R=150/60R17  ●現地価格:9600万ルピア[1億1290万ルピア] ●色:緑×黒(ABS SE)、黒×白(ABS SE)、青×黒(ABS SE)、黒(STD) ※諸元はインドネシア仕様ABS SE、[ ]内はSTD

カワサキ ニンジャZX-25R ABS SE

KAWASAKI Ninja ZX-25R ABS SE[2021 Indonesia model]LIME GREEN / EBONY

カワサキ ニンジャZX-25R ABS SE

KAWASAKI Ninja ZX-25R ABS SE[2021 Indonesia model]METALLIC SPARK BLACK / PEARL FLAT STARDUST WHITE

カワサキ ニンジャZX-25R ABS SE

KAWASAKI Ninja ZX-25R ABS SE[2021 Indonesia model]CANDY PLASMA BLUE / METALLIC SPARK BLACK

カワサキ ニンジャZX-25R

KAWASAKI Ninja ZX-25R[2021 Indonesia model]METALLIC SPARK BLACK

最新の記事

固定ページ:

1

2

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。