第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

Life with Harley 【YouTuber 埼玉の仙人・ IRON 1200】

人気YouTuberはなぜハーレーを選んだのか聞いてみた #ウィズ・ハーレー

  • 2019/11/15

埼玉の仙人

動画共有サイトYouTubeで配信する動画クリエイター「埼玉の仙人」さん。登録者12万人を超える人気チャンネルで、特に注目を集めているのが「軽トラ」シリーズ。キャンピングカーにカスタムしたり、車中泊の旅をしたりしている。そして最近、新たに加わったのが「ハーレー」シリーズだ。人気YouTuberはなぜハーレーを選んだのか聞いてみた。

文=守田二草 写真=藤村のぞみ
取材協力 / ハーレーダビッドソン埼玉花園 harleydavidson-saitamahanazono.com TEL.048-584-8080

どうせなら、好きなことで生きていこうと決めたんです

撮影風景

「実は10年くらい前にもハーレーに乗っていたんです。ローンがツラくて手放してしまったんですが、無理しても維持しておけばよかった…」

ちょっぴり後悔をにじませるのは、現在、スポーツスターのアイアン1200を所有する「埼玉の仙人」ことさとしさん。今年の夏にスポーツスターを納車したばかりだが、バイク歴は意外と長い。ハーレーを意識したのは小学生くらいの頃だったそう。

「オジさんがバイク乗りだったんです。多分ハーレーだと思うのですが、アメリカンバイクで家に遊びにきて、『カッコいいなぁ』と思ったのが最初ですね」

19歳の時には通学のために普通自動二輪免許を取得。カワサキのエストレヤ250に乗りはじめた。

「日常の足ですね。通学やバイト先に行くのに毎日のように乗っていました」その後、アメリカンバイクを扱う人気ショップのパーツ部門に就職。周囲にカスタムしている人も多く、73年式のショベルヘッドエンジンをベースにチョッパーをフルオーダーで製作した。「リジッドフレームに乾式クラッチというコテコテのチョッパー。セルスターターがなくてキックのみ。2時間キックし続けたこともありました(笑)」職場の仲間はバイク仲間でもあり、同僚の結婚式には記念ムービーを作ってプレゼントしたこともあったという。

動画を作るのは初めてでしたが、編集が楽しいってことに気づきました

その後、会社を退社し、ショベルのチョッパーも手放してバイト生活へ。派遣の仕事をしながらも所有し続けていたエストレアも手放し、精神的なモラトリアムに陥ってしまったという。

「今のままではいけないと思っていたんですが、自分が何がしたいのか、どうすればいいのかわからなくなってしまったんです。とりあえず、なんとなくバイトや派遣の生活を続けていました」
そうして迎えた29歳。本当に好きなことを思い切って、本気でやってみようと取り組んだのが動画クリエイターだ。

「どうせなら、おもしろいことをとことんやってみようと思ったんです」

活動6年間の中で、ようやく落ち着いてきたのが昨年のこと。試行錯誤の連続で、伸び悩んだこともあったが、好きなことだからこそ続けられたのだ

「また、ハーレーに乗りたいなって思っていました。しかも、今度乗るなら一番最新モデルって(笑)。前のショベルと違って、ハーレーらしくないポップなカラーが気に入ってます。それにインジェクションってスゴい!今さらながら恩恵を噛み締めています(笑)」

納車から一ヶ月が過ぎたが、まだ走行距離は660kmほど。これからの旅生活にも夢が膨らんでいる。仙人さんが本当におもしろいと思うことに取り組むことが、視聴者への共感へつながっている。

「キャンプもしたいし、カスタムにも挑戦したい。いつかアメリカの『ルート66』を走れたらいいな、と思っています」

点検と装備品

この日は納車後の「1ヶ月点検」で「ハーレーダビッドソン埼玉花園」へ。早速、取材をする埼玉の仙人さん。現在、ほぼノーマルで、撮影用のGoProHERO7を2台装着。バイク神社で安全祈願に購入したお守りも。

このときの取材の模様はすでにYouTubeにアップされている。青木編集長も登場しているのでぜひご覧いただきたい。

埼玉の仙人

2013年の11月に動画チャンネル「埼玉の仙人」をスタート。伸び悩む時期が続いたが、軽トラシリーズがヒットし昨年末に登録者10万人を達成。今年、新たにハーレーシリーズがスタートした。https://www.youtube.com/user/SatoshiMachida

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ウィズ ハーレー編集部

ウィズ ハーレー編集部

記事一覧を見る

編集者とユーザーが“一緒に”ハーレーという乗り物を楽しむために誕生した、ハーレーダビッドソン専門誌が「WITH HARLEY(ウィズ・ハーレー)」だ。誌名を公募および投票で決定するという新しい試みに挑んだ結果、ウィズ・ハーレーに決定した。