第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

KATANA Meeting 2019で新作カスタムも続々

プロトの新型KATANAカスタムはゲルザブ内蔵シートのツーリング仕様

  • 2019/9/20

2019年9月15日開催の「KATANA Meeting 2019」では、パーツメーカー各社による新型KATANAの最新カスタムも展示。ここではプロトのデモ車を公開しよう。

MRAのスクリーンで防風性もアップ

プロトの新型KATANAカスタムは、ロングツーリングに心強いMRAスクリーンやゲルザブ内蔵の特製シート、絶賛発売中のアクラポヴィッチの政府認証スリップオン、10月上旬に発売予定のフェンダーレスキット、それにブレンボとコラボしたスペシャルなブレーキまわりなどで足まわりを固めていた。また、KATANA Meetingの会場ではプロトがプロデュースするIGAYAの大型ツーリングバッグも積載してKATANA旅の楽しみ方を提案していた。

【PLOT KATANA 2019年9月15日撮影】座り心地だけでなく足つき性も向上。EFFEXローダウンCOMPキット20mmダウンはローダウン+サイドスタンドで1万9800円(税抜き)だ。

アクラポヴィッチのスリップオンチタン(税抜き10万8000円)はJMCAの政府認証品で車検に対応。ノーマルの特性を活かしたまま、軽量化とレーシーなスタイルを実現してくれる。なお、KATANAのほかにGSX-S1000/Fにも装着することが可能だ。

フロントブレーキは、ブレンボのGP 4RXニッケルコート(税抜き22万円)をプロト製のラジアルキャリパー用オフセットカラー(税抜き4000円・10月上旬発売予定)を使って装着。それにスウェッジラインのステンメッシュブレーキホース「Swage-PRO」(税抜きフロント3万3900円、リヤ2万6100円)を組み合わせている。

ブレンボの19RCS CorsaCortaブレーキマスター(税抜き5万8000円)で操作系も完璧に仕上げている。

ナンバープレートをノーマルのスイングアーム上からテールカウル下に移設できるフェンダーレス。プロト製で価格は税抜き1万5000円。10月上旬のデリバリー予定となっている。

シートはマルナオによるスペシャル加工で、メインシートに腰にやさしいゲルザブS(埋め込み料税抜き1万1000円)、リヤにゲルザブSS(埋め込み料税抜き1万円)が埋め込まれている。シート高はノーマルと同じだが、前部を細く加工。ツートン加工(3色)やベルト張替えなどのオプションも含めて計4万1000円の見積もりとなっている。ロゴはワンオフでマルナオでは加工を受け付けていない。

MRAの「スクリーンスポイラー」は縦300mm、横310mmのツーリング向け大型ウインドシールド。上部の跳ね上がった形状が、効果的に走行風を逃してくれ、長距離走行での疲れを軽減してくれる。カラーは3色あり、写真のスモークはクリアとブラックの中間の濃さとなっている。価格は3色とも税抜き1万4300円。10月下旬の入荷予定だ。

ツーリングのお供にはXグリップが便利なラムマウントをハンドルバーに装着。グリップ、アーム、マウントが一式セットになった製品のほか、各部が単体でも発売されており、好みに応じてセレクト&拡張することができるようになっている。

文:宮田健一 写真:松井慎

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ミヤケン

ミヤケン

記事一覧を見る

天然のヤング脳を持つ伝説の元編集部員。現在は超フリーライター。