第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

通販で話題の電動空気入れ

電動エアコンプレッサー「エアホークプロ」試用インプレッション【ワイヤレスでエア注入! 小さいのにパワフルだ】

  • 2019/7/6
directteleshop airhawkpro

アメリカにおいて、発売からわずか2か月半で160万台を販売したという電動エアコンプレッサー「エアホークプロ」を試してみた。コードレスなのでツーリング先など屋外でも使え、デジタル表示のエアゲージもあるなど、実に優れものだ。タイヤの空気圧はハンドリングや燃費に影響するだけに、この「エアホークプロ」でこまめにチェックをしよう。

(◯)想像以上にパワフル! 自動停止で非常に便利

最近、テレビの通販番組で紹介されるようになった、電動式のエアコンプレッサーを試してみた。見た目は電動ドリルにそっくりで、電源は充電式のリチウムイオンバッテリーおよびDC12Vカーアダプターの2種類を用意。設定圧力は30~400kPaとなっており、一般的なバイクや4輪で使うには十分なスペックだろう。なお、ホース取り付け部の下方にはLEDライトがあり、暗い場所でも作業できるのは非常に便利だ。

directteleshop airhawkpro

これが同梱品一式で、12Vシガーソケット対応のカーアダプターも含まれる。バルブは米・英式に対応し、浮き輪やボール用のアタッチメントも。【エアホークプロ[ダイレクトテレショップ] ●税込価格:1万9244円 ●重量:782g(バッテリー含む)●連続使用時間:約10分 ●充電時間:約3.5時間●最大設定空気圧:58PSI /4.0Bar /400KPA】

グリップの上方にある電源ボタンを押し、右隣に並ぶプラスとマイナスボタンで空気圧を設定。あとはトリガーを一度引くだけでエアが注入される仕組みだ。液晶パネルには現在の空気圧が表示され、それが徐々に増えていく様子は見ていてワクワクするもの。そして、設定した空気圧に到達すると、自動的に加圧が停止する。高精度エアゲージで何度か測定したところ、常に約10kPa低い程度だったので、目安としては十分以上の正確さと言えるだろう。

空気圧の単位は3種類(bar、kPa、PSI)から選択でき、設定はプラスとマイナスのボタンで操作。正確な空気圧は市販のエアゲージで測定を。

directteleshop airhawkpro

【設定はかなり正確!】設定空気圧の正確さを知るために、旭産業の高精度エアゲージを用意。テストした個体については常に約10kPa 少ない状態だったので、空気圧の目安としては十分以上と言えるだろう。

リチウムイオンバッテリーならワイヤレスなので、ツーリング先など屋外でも使用可。タイヤの空気圧はハンドリングや燃費に影響するだけに、これでこまめにチェックを。

directteleshop airhawkpro

【180幅が約2分20秒で1.9→2.9Barに上昇】タイヤの空気圧を1.9Barまで下げ、エアホークプロを2.90Barに設定してエアを注入。自動停止までの時間を測定したのが下の表だ。フル充電から4回目まではタイムがほぼ変わらず、パワフルであることが分かる。

(△)コンプレッサーゆえに音はそれなりに大きめ

作動時はベビコンのような連続音を発するので、閑静な住宅街では気が引けるかも。あと、ホースはもう少し長めだと脱着しやすいはず。

(結論)こんな人におすすめ:体力を使わず簡単にエア注入これは便利だ

加圧タイムは手動式の空気入れと大差ないが、それに要する体力を考えると素直にエアホークプロをお勧めする。なお、競技用自転車のほとんどが採用している仏式バルブには対応していないので、あらかじめ注意を。

●写真:飛澤 慎
※取材協力:ダイレクトテレショップ

※ヤングマシン2018年2月号掲載記事をベースに再構成

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。