第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

高い浸透力と噴射力の超強力遅乾タイプ

バイク用品テスト:プロツールスのブレーキ&パーツクリーナーで強力洗浄

  • 2019/4/8
プレミアムシリーズ ブレーキ&パーツクリーナー 超強力・遅乾タイプ[プロツールス]

カスタムジャパンの整備業者向けオリジナル工具ブランドである“プロツールス”から、プレミアムシリーズとして各種ケミカルが販売中。今回はその中から遅乾性のパーツクリーナーを試してみた。

ガス圧とノズル径がカギ。油汚れを強力に落とす!

1回あたりの使用量を抑えつつ洗浄力を上げるため、ガス圧とその配合比率、ノズル径を検討。低温時や連続使用においても安定した噴射を実現する。

プレミアムシリーズ ブレーキ&パーツクリーナー 超強力・遅乾タイプ[プロツールス]

プレミアムシリーズ ブレーキ&パーツクリーナー 超強力・遅乾タイプ[プロツールス] ●税込価格:380円(インターネット購入参考価格) ●容量:840ml

プレミアムシリーズ ブレーキ&パーツクリーナー 超強力・遅乾タイプ[プロツールス]

【速乾と遅乾の2種類を設定】右はスタンダードシリーズのブレーキ&パーツクリーナーで、乾きが早い速乾タイプ(インターネット購入参考価格:300円)。どちらも缶を逆さまにしても使用可能だ。用途に応じて使い分けを。

プレミアムシリーズ ブレーキ&パーツクリーナー 超強力・遅乾タイプ[プロツールス]

【遅乾タイプは長く留まって強力に除去】スタンダードシリーズのブレーキ&パーツクリーナー(速乾)と比べると、今回テストした遅乾タイプの方が明らかに乾きが遅い。吹き付けてからブラシで擦るような、頑固な油汚れで威力を発揮する。(写真左)遅乾タイプ(右)速乾タイプ

(○)頑固な汚れもきれいに。コスパは最強レベルだ

レストアが趣味というマニアはもちろん、自身でメンテする機会の多い人にとって、パーツクリーナーのコスパは気になるところだろう。そこで試してみたのが、プロツールスのブレーキ&パーツクリーナー超強力・遅乾タイプだ。容量は840mlとかなり多めで、ネットでの参考価格は1本あたり税込380円だ。

さっそく使ってみる。まず驚くのは噴射力の強さだ。ガス圧とノズル径を検討したとのことで、強力なだけでなく必要な箇所へピンポイントに噴射できるのだ。そして、油汚れを分解する力もかなり強い。リヤホイールに飛び散ったチェーンルブは一吹きでサッと拭き取れるようになるし、またクランクケースの下部に堆積したオイル汚れも、吹き付けたあとしばらく放置しておけば、これもあっさりと落ちてくれた。遅乾性は洗浄成分がその場に留まる時間が長いので、ブラシで擦るといった頑固な汚れ落としの場面にも向く。

金属表面に水滴が付きにくい処方にしたり、缶を逆さまにしてもスプレーできるなど、現場の声を反映した特性や機能が随所に。380円はバーゲンプライスであり、ガンガン使いたい人にぜひ選んでほしい。

(△)大容量ゆえに缶が長く、取り回しがやや困難か

狭い場所や低い位置でスプレーする際、缶が大きすぎて作業しづらいことも。ノズルを曲げるなり缶を逆さまにするなどして対応しよう。

【結論】安いパークリの中でも安心して使えるのが美点

ホームセンターなどで格安のパークリを見掛けるが、塗装面を侵したりゴムを膨潤させるものもあるので、やはりきちんとしたブランドの製品を使いたい。なお、シールタイプのチェーンには使えないので、その点だけはご注意を。

プレミアムシリーズ ブレーキ&パーツクリーナー 超強力・遅乾タイプ[プロツールス]

右から燃料タンクのさび取り防錆コーティング(3540円)、シールタイプにも使えるチェーンクリーナー(760円)、防錆&潤滑スプレー(330円)、チェーンルブ(ペーストタイプ。760円)で、いずれも良コスパ。

●写真: 飛澤 慎
※取材協力:カスタムジャパン
※全てインターネット購入参考価格

※ヤングマシン2019年3月号掲載記事をベースに再構成

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

大屋雄一

大屋雄一

記事一覧を見る

紙面版にて厳正なる新製品テストを担当するベテランジャーナリスト。