街乗りに似合うスタイリッシュなカラーリング

ホンダ・スーパーカブ50ストリート/スーパーカブ110ストリート限定発売

HONDA SUPERCUB 50/110 STREET [2019]

1958年に初代モデルC100を発売し、60周年を超えてなお意気軒昂、累計生産台数が1億台を超える世界のベストセラーバイク、ホンダ・スーパーカブ。ビジネスユースからパーソナルユースにわたり幅広い支持層を持つ国民的バイクが、街乗りに似合うシャレた雰囲気に変身。淡いブルー系とシックなベージュ系を身に纏った限定バージョン「スーパーカブ50・ストリート」「スーパーカブ110・ストリート」が新たに登場する。

スーパーカブ50/110・ストリートには、車体色に淡い色合いの「ボニーブルー」と「ハーベストベージュ」の2色が設定される。スーパーカブの象徴的なレッグシールドもそれぞれの車体色と同色が施されるとともに、サイドカバー、クランクケースカバー、リアキャリア、前後輪のハブ、スイングアーム、チェーンケースといった車体各部にブラックの配色を取り入れることにより、上品で洗練された雰囲気が醸し出されている。街に溶け込むシックな印象のカラーリングは、特に若年層に支持される可能性大だろう。

HONDA SUPERCUB 110 STREET [2019]

HONDA SUPERCUB 110 STREET [2019] ボニーブルー

HONDA SUPERCUB 110 STREET [2019]

HONDA SUPERCUB 110 STREET [2019] ハーベストベージュ

HONDA SUPERCUB 50 STREET [2019]

HONDA SUPERCUB 50 STREET [2019] ボニーブルー

HONDA SUPERCUB 50 STREET [2019]

HONDA SUPERCUB 50 STREET [2019] ハーベストベージュ

また、フロントカバーのエンブレムやメーターを縁取るリングはクロームメッキを採用、白のパイピングを施したシートの後部側面やスペシャルキーには、歴代スーパーカブに採用されたさまざまなロゴやスーパーカブを模式化したデザインをあしらうなど、ディテールへのこだわりもぬかりはない。

HONDA SUPERCUB 50/110 STREET [2019]

(左)クロームメッキが施されたメーターリング(右)シートには歴代スーパーカブを模したグラフィックが

スーパーカブ50・ストリート(税込車両本体価格24万3000円)とスーパーカブ110・ストリート(同28万6200円)は、受注期間2019年2月26日(火)から6月30日(日)までの限定販売。

主要諸元

車名 SUPER CUB 50 STREET SUPER CUB 110 STREET
全長×全幅×全高(mm) 1860×695×1040
軸距(mm) 1210 1205
シート高(mm) 735
車両重量(kg) 96 99
エンジン型式 空冷4スト単気筒OHC
総排気量(cc) 49 109
内径×行程(mm) 37.8×44.0 50.0×55.6
圧縮比 10.0 9.0
最高出力(ps/rpm) 3.7/7500 8.0/7500
最大トルク(kgf・m/rpm) 0.39/5500 0.87/5500
燃料タンク容量(L) 4.3
変速機形式 4段リターン
キャスター角(度)/トレール量(mm) 26°30´/72 26°30´/73
ブレーキ前/後 リーディング・トレーリング
タイヤサイズ前 60/100-17 70/90-17
タイヤサイズ後 60/100-17 80/90-17
カラー ボニーブルー、ハーベストベージュ
車両本体価格 24万3000円 28万6200円

※情報提供:本田技研工業/ホンダモーターサイクルジャパン

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

特集/連載

  1. 兄弟車試乗インプレ対決
  2. 2019初夢スクープ
  3. 岡崎静夏
  4. Moldel A(A型)
  5. 大阪モーターサイクルショー2019
バイク王
Z900RS x STRIKER