色使いの妙でセンスUP!

スーパーカブ50/110に追加機種「ストリート」登場予定

1月18日にホンダが開催した販売店向けのイベント「新春ビジネスミーティング」にて、2019年に市販予定のニューモデルが多数展示された。中でも注目なのは都会的な色使いでクールにまとめられた「スーパーカブ50/110・ストリート」だ。

レッグシールド同色化&各部をブラックアウト

「スーパーカブ50/110・ストリート」の特徴は車体各部の色使いだ。STDの50/110でシルバー仕立ての前後ハブやエンジン、スイングアームをブラックアウトし、やはりSTDではホワイトのレッグシールドをボディカラーと同色化。併せてサイドカバーやキャリヤを艶のあるブラックとしている。白いパイピング入りのシートも専用で、全体的に落ち着いた配色とされた。ビジネスユースよりオシャレに街乗りしたい雰囲気だ。

今回のミーティングではベージュの50、灰色掛かった水色の110が展示されたが、それぞれのカラーが排気量ごとに専用になるのか、50/110にそれぞれ2色を展開するのか、はたまた他のカラバリが存在するのかなどは不明。機能面ではSTDのスーパーカブ50/110からの変更はないという。

【スーパーカブ50・ストリート(市販予定車)】税抜価格は24万円前後(50のSTDは23万2200円)、発売は3月の予定だ。
【スーパーカブ110・ストリート(市販予定車)】110は28万5000円前後(110のSTDは27万5400円)の税込価格を想定。発売は50同様に3月の予定だ。
【スーパーカブ110】ビジネスライクな印象のSTD。ストリートは色使いの妙でうまくパーソナル感を演出しているのが分かる。
「ストリート」はシートも専用。白いパイピングが入り、後端部にはエンブレムやロゴなどをコラージュした専用レザーを用いる。モノトーンのエンブレムもストリート専用だ。

「くまモン」の110もお披露目

以前に当WEBでもお伝えした「クロスカブ50・くまモンバージョン」の110版もお披露目された。基本的な配色は50のくまモンを踏襲しており、機能面にもクロスカブ50/110からの変更はない。110くまモンは6月頃、35万円前後(STDのクロスカブ110は33万4800円)の税込価格で発売予定だ。

【クロスカブ110・くまモンバージョン】クロスカブ110をベースに“くまモン”化。。ブラックにレッドの差し色が映える!
くまモンのシート後端部表皮は足跡入り。エンブレムの「O(オー)」も足跡な点に注目!

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

2018型のモデルチェンジで人気急上昇の新型CROSS CUB50/110(クロスカブ50/110)に黒×赤のくまモンバージョンが登場することが明らかになった。その市販予定車を紹介しよう。[A[…]

関連記事

「スーパーカブ50/110・ストリート」が発表されたホンダの新春ビジネスミーティングでは、スーパーカブC125とモンキー125の新色もお披露目された。2車ともにブルー系の爽やかなカラーだ。[b[…]

関連記事

生誕60周年を迎え、様々な記念グッズが発売されてきたホンダ・スーパーカブ。その大トリとなりそうなのがこの「スーパーカブ・60周年記念G-SHOCK」だ。ご存知カシオ計算機の耐衝撃ウォッチ・G-[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報