色使いの妙でセンスUP!

スーパーカブ50/110に追加機種「ストリート」登場予定

1月18日にホンダが開催した販売店向けのイベント「新春ビジネスミーティング」にて、2019年に市販予定のニューモデルが多数展示された。中でも注目なのは都会的な色使いでクールにまとめられた「スーパーカブ50/110・ストリート」だ。

レッグシールド同色化&各部をブラックアウト

「スーパーカブ50/110・ストリート」の特徴は車体各部の色使いだ。STDの50/110でシルバー仕立ての前後ハブやエンジン、スイングアームをブラックアウトし、やはりSTDではホワイトのレッグシールドをボディカラーと同色化。併せてサイドカバーやキャリヤを艶のあるブラックとしている。白いパイピング入りのシートも専用で、全体的に落ち着いた配色とされた。ビジネスユースよりオシャレに街乗りしたい雰囲気だ。

今回のミーティングではベージュの50、灰色掛かった水色の110が展示されたが、それぞれのカラーが排気量ごとに専用になるのか、50/110にそれぞれ2色を展開するのか、はたまた他のカラバリが存在するのかなどは不明。機能面ではSTDのスーパーカブ50/110からの変更はないという。

【スーパーカブ50・ストリート(市販予定車)】税抜価格は24万円前後(50のSTDは23万2200円)、発売は3月の予定だ。

【スーパーカブ110・ストリート(市販予定車)】110は28万5000円前後(110のSTDは27万5400円)の税込価格を想定。発売は50同様に3月の予定だ。

【スーパーカブ110】ビジネスライクな印象のSTD。ストリートは色使いの妙でうまくパーソナル感を演出しているのが分かる。

「ストリート」はシートも専用。白いパイピングが入り、後端部にはエンブレムやロゴなどをコラージュした専用レザーを用いる。モノトーンのエンブレムもストリート専用だ。

「くまモン」の110もお披露目

以前に当WEBでもお伝えした「クロスカブ50・くまモンバージョン」の110版もお披露目された。基本的な配色は50のくまモンを踏襲しており、機能面にもクロスカブ50/110からの変更はない。110くまモンは6月頃、35万円前後(STDのクロスカブ110は33万4800円)の税込価格で発売予定だ。

【クロスカブ110・くまモンバージョン】クロスカブ110をベースに“くまモン”化。。ブラックにレッドの差し色が映える!

くまモンのシート後端部表皮は足跡入り。エンブレムの「O(オー)」も足跡な点に注目!

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)