マシン・オブ・ザ・イヤー2018
今度はちょっと高級仕様

スーパーカブの特製ヘルメットがふたたび登場!

赤✕白の「60周年記念車」イメージのものに続いて、またもやスーパーカブ用のヘルメットが登場した。今度は高級スポーツジェットをベースに用いることで、カブでロングツーリングを楽しむユーザーも意識しているのが特徴だ。

ベースはアライVZ-RAM

先日発売されたスーパーカブ用ヘルメットは生誕60周年を記念したもので、アイボリー✕レッドのカラーリングがオシャレなコンペシールドタイプだったが、今回登場した「Arai VZ-RAM✕Honda Super Cub」は、アライの高級スポーツジェット・VZ-RAMをベースに使うのが最大の特徴。近年、スーパーカブでロングツーリングを楽しむユーザーが増えているが、快適な被り心地に加えてサンシェードも備えたこのヘルメットなら、長距離のカブツーリングがより快適に楽しめるはずだ。

Arai VZ-RAM✕Honda Super Cub

Arai VZ-RAM✕Honda Super Cub 

前頭部のHMロゴ(左)と後頭部の60周年&CUBロゴ。キャンディやパール色の多用で高級感もバッチリ。

カラーリングはキャンディーレッドとパールホワイトの2種で、前頭部にはHMロゴ、側頭部には旧タイプのウイングマークが入り、後頭部にはカブ&60周年の記念ロゴも(シリアルナンバーも入る)。シンプルなカラーリングはスーパーカブだけでなく、クラシックバイクや最新マシンまで機種を問わずに使えそうだ。

サイズはS/M/L/XLの4種で、専用の収納袋が付いて税込5万9400円。受注期間限定生産で、全国のホンダ二輪車正規取扱店で11/20(火)まで注文を受け付けている。手元に届くのは年明け、‘19年3月頃となる予定だ。

スーパーカブ「60周年アニバーサリー」に寄せたカラーリングの60周年記念限定ヘルメット。やはり受注期間限定だが、締切は10/31なのでこちらもまだ購入可能!

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018