ともに爽やかなブルー系

スーパーカブC125/モンキー125の新色が登場

「スーパーカブ50/110・ストリート」が発表されたホンダの新春ビジネスミーティングでは、スーパーカブC125とモンキー125の新色もお披露目された。2車ともにブルー系の爽やかなカラーだ。

海外仕様のカラバリを国内に導入

まずはC125から。新色はグレーとホワイトのツートーンで、グレーはやや青みのあるキャンディカラーなのが特徴。既存色・パールニルタバブルーのアイコニックな赤いシートがグレーツートーンに変わるのもポイントだ。実はこのボディカラー、C125の生産国・タイでは既に販売されており(他に黒×白、赤×白も存在する)、それを日本にも投入する形となる。このグレーの導入にあたり、前出の既存色・パールニルタバブルーが継続されるのか否かは現状では不明だ。

【スーパーカブC125(新色)】発売は6月頃を予定。現行同等の税込40万円前後を想定する。

【スーパーカブC125(既存色・パールニルタバブルー】税込価格は39万9600円。初代スーパーカブ・C100モチーフの赤いシートが特徴だ。

タイ仕様のC125に設定される4色(ヤングマシン‘18年9月号・別冊付録より)。赤や黒も似合う!

“青モンキー”も国内初投入

これはモンキー125の新色も同様で、日本仕様にはない青と黒がタイ仕様には存在しており、この前者を国内に導入する形。モンキーはフレームや前後サスなどもボディカラーと同色のため、オールペンなどのカスタムを予定している人には悩ましい選択肢が増えたと言えるだろう。C125/モンキーともに機能面の変更はない模様だ。

【モンキー125(新色)】こちらは7月発売予定。価格も税込40万円程度と現行同等の予定だ。

タイ仕様に存在するモンキー125のブラックカラー。日本にも展開される赤と黄の2色を加え、現地では4色がラインアップされている。

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

マツ

マツ

記事一覧を見る

「西部警察」と「北の国から」をこよなく愛する本誌編集部員。NSR専門誌・PROSPECのほか、フリーペーパーとして復活を果たしたビッグマシン零(ゼロ)の編集長も兼任する。
■1975年生まれ
■愛車:HONDA NSR250R(1992)/HARLEY-DAVIDSON XL883(2009)