マシン・オブ・ザ・イヤー2018

2019年モデル発売:ホンダCB1000R【新色追加+ETC2.0車載器】

CB1000R

軽量かつコンパクトな大型ネイキッドロードスポーツモデル・CB1000Rのカラーバリエーションに、都会的なイメージの「ソードシルバーメタリック」が追加。各種サービスの拡大が期待できるETC2.0車載器への変更も施された2019年モデルが2018年12月14日(金)より発売される。

基本性能としての”操る楽しさ”と、新色が醸し出す大人の雰囲気の融合

スポーツバイクとしての普遍的な魅力である”操る楽しさ”を実現するため、走りのパフォーマンスの最大化を目指すCB1000R。スロットルグリップ操作に対してリニアに反応する「スロットル・バイ・ワイヤシステム」や、4種類のライディングモード(SPORT/STANDARD/RAINのプリセットモード+ユーザー任意のUSERモード)、走行中にクラッチとスロットル操作なしでシフトチェンジが可能となるクイックシフターなどの電子制御技術が盛り込まれている。

CB1000Rのスタイリングは力強く安定感のある台形プロポーション。伝統とモダンを融合させたデザ インの高輝度丸形LEDヘッドラインや、リアフェンダーとナンバープレートを低く配置することで、独自のショートテールシルエットが生み出された。

今回、新たなカラーバリエーションとして、街中でも映える洗練された大人のイメージの「ソードシルバーメタリック」が追加される。従来の高質で鮮やかな「キャンディークロモスフィアレッド」と精悍な「グラファイトブラック」と合わせ3色展開となる。

〈主要諸元〉
●全長2,120 全幅790 全高1,090 軸距1,455 シート高830mm 車重:212kg
●水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒 998cc 145ps/10,500rpm 10.6kgf・m/8,250 燃料タンク容量16L
●ブレーキF=油圧式ダブルディスク R=油圧式ディスク
●タイヤF=120/70ZR17 R=190/55ZR17

〈メーカー希望小売価格(税込)〉
CB1000R(全3色):164万520円

※ニュース提供:本田技研工業

kas

kas いわゆるWeb担的な黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)
愛車:シトロエン2馬力号(自分的には"屋根付き四輪バイク"の位置付け)

マシン・オブ・ザ・イヤー2018
<-- microad footer-ad -->
<-- /microad footer-ad -->