今後はNMAXやトリシティにも展開?!

ヤマハの新型ハイブリッドスクーターとPCXハイブリッドは何が違う?

2018年7月16日、ヤマハがタイでハイブリッドシステムを搭載したスクーター、GRAND FILANO HYBRID(グランドフィラーノハイブリッド)を発表した。その詳細をホンダのPCX HYBRIDを比較しながら解説しよう。

タイでヤマハとホンダのハイブリッドが同時に登場

2輪としては世界初となるハイブリッドモデルについては、2017年10月の東京モーターショーでホンダがPCXハイブリッドを参考出品し、2018年7月6日に国内で正式発表した。その一方でヤマハもハイブリッドの開発を行っており、タイで7月16日にグランドフィラーノハイブリッドを発表した。その後、8月2日にホンダもタイでPCXハイブリッドを発表し、タイにおいてはヤマハとホンダが2輪ハイブリッドモデルをほぼ同時に発売することになった。

【YAMAHA GRAND FILANO HYBRID/ABS 2018年型タイ仕様 価格:5万5500(約18.6万円)/6万2000バーツ(約21万円)】初のブルーコアエンジン搭載モデルとしてタイで発売されたグランドフィラーノがモデルチェンジしてハイブリッドシステムを搭載した。上品なデザインでタイでは堅調な支持を受ける人気モデルだ。

【HONDA PCX HYBRID 2018年型タイ仕様 価格:9万9000バーツ(約33万円)】PCX発祥の地であるタイでもハイブリッド仕様が登場。すでに発表済みのインドネシア仕様と同じ150(国内は125)のエンジンを採用するが、リヤブレーキはインドネシアのディスクと異なりドラム式となる。また、ABSは装備されない。

両車のハイブリッドシステムは基本同じ

そこで、タイでヤマハとホンダがリリースする2輪ハイブリッドはどのようなシステムなのかを解説するとともに比較してみたい。まず、ハイブリッドシステムについては基本的に同じと言っていいだろう。両車ともアイドリングストップ(ヤマハはストップ&スタートシステムと呼称)機構をベースにしており、充電とエンジン始動を行う「スマートモータージェネレーター(ヤマハ)」や「ACGスターター&アシストモーター(ホンダ)」が加速時にアシストを行うというもの。共に追加のモーターは搭載せず、シンプルな仕様変更でハイブリッド仕様としている。

次に違いについては、ホンダのPCXハイブリッドが48Vのリチウムイオンバッテリーを追加で搭載しているのに対し、ヤマハのグランドフィラーノハイブリッドは、エンジン用の鉛バッテリーのみでハイブリッド化している点だ。タイでは動力性能のスペックが発表されていないので比較はできないが、日本では1.9psと発表されているPCXハイブリッドのモーター出力に比べ、グランドフィラーノハイブリッドは抑えられた仕様となっていると推測できる。エンジンは、グランドフィラーノハイブリッドは125ccでPCXハイブリッドは149.32ccと排気量帯も異なっている。

上がヤマハのグランドフィラーノハイブリッドで下がホンダのPCXハイブリッド。バッテリーが1つか2つかの違いで基本構成と仕組みは似ている。モーターによるアシスト制御はそれぞれSGCU(Starter Generator Control Unit)、PDU(Power Drive Unit)が行っている。ともにアイドリングストップを基礎にしており、燃費と加速力を向上させる。

ヤマハはシンプルな分、他機種に展開できそう

ヤマハのハイブリッドは、エンジン仕様のモデルに施す追加装備がSGCU程度となっているため、コスト面で優れているだけでなく他機種への展開も容易と思われる。グランドフィラーノ(ベトナムでの名称はノザ グランデ)などを皮切りに搭載されたブルーコアエンジンは、現在国内外で様々な機種に展開されており、これらがモデルチェンジでスマートモータージェネレーターを採用すればハイブリッド仕様にすることの難易度は決して高くなく、順次切り替わっていく可能性もあるだろう。

グランドフィラーノハイブリッドが使用するバッテリーはYTZ6V(5Ah)/YTZ7V(6Ah)で汎用品だ。スマートモータージェネレーターが加速時はバッテリーから電力を得てアシストし走行中はバッテリーを充電する。

こちらはホンダPCXハイブリッドの48Vリチウムイオンバッテリーの図。通常モデルもアイドリングストップを採用することからACGスターターを装備しているが、ハイブリッド用は48Vモーターに改修されているという。

グランドフィラーノハイブリッドのアシスト時間は最大3秒で、その間トルクが上乗せされるのが分かる。一方、PCXハイブリッドも最大トルクを約3秒間継続し、その後1秒間で徐減させていく仕様となっている。

ニュース提供:ヤマハ発動機/アジア大洋州ホンダ他
「新型PCX HYBRIDが9月14日発売」記事はこちら
「新型PCX HYBRIDの150cc版を解説」記事はこちら

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事