スーパーフォア、ボルドールも不滅!

CB1300&400は新規制に対応

HONDA 次期CB1300 予想CG 予想発表時期:調査中 規制対応で継続となるのを機にDRL(デイタイムランニングランプ)にも対応した変更を予想CG化。ウインカーも最新モデルと共通にしてみた。

8月31日で生産終了し、その後の復活が気になるモデルの筆頭といえばCB1300&400シリーズだろう。ホンダから生産終了のアナウンスはないが、両シリーズとも平成19年排ガス規制対応のままなので現行型は生産が終了したはず。では次期型はどうなる?!

踏みとどまる伝統の日本ネイキッド

先に掲載した次期CB1000R2018年に国内に導入されることが予想される中、CB1300シリーズは今回の排ガス規制で生産終了となる動きがあった。実際、本誌スクープでも1300→1000ccへのダウンサイジング&世代交代と何度か報じたが、最終的には平成28年排ガス規制に対応し継続することが決まったようだ。そして、嬉しいことにCB400シリーズも同様に継続となる模様だ。情報では大幅なモデルチェンジは行われず、規制対応とカラーリング程度の変更だろうということだが、グローバル化一辺倒とはしなかった今回のホンダの決断に拍手を送りたい。

HONDA CB400スーパーフォア 正式写真 2014年~現行モデル 登場20年を数える’14年に大幅モデルチェンジを実施したCB1300&400シリーズ。メーターやホイールなどのディテールが進化した。両シリーズとも’08年に前規制(平成19年排ガス規制)に対応しており、400はその時にFI化を果たした。販売地域はほぼ国内のみだが、セールスランキングでも常に上位に位置する根強い人気が貢献したのだろう。

CBネイキッドは今後3つのシリーズに分岐か

CB1300400シリーズが継続と予想されることにより、今後、ホンダのネイキッドは国内で大きく3つの潮流が共存することになるだろう。まずは、王道のCBスーパーフォア&スーパーボルドールシリーズ。そして、空冷ネオクラシックのCB1100シリーズ、さらに先進のCB1000R3つとなる。新しい潮流となる「R」の血統はまさにこれからというシリーズだが、グローバル化という観点から見ると、今後最も躍進が期待できそうだ。それを示唆するように、95日、タイでCB150Rが発表されたのだ。CBR150RをベースにNK化されたモデルは、本誌がスクープしている次期CB1000Rホーネットに似ている。正確に言うと、今後発表されるであろう次期CB1000RCB150Rと同じ系統ということになるだろうが、CB-Rネイキッドがシリーズ展開されそうな気配なのだ。

HONDA CB1000R HORNET 予想CG 予想発表時期:’17年秋 元はCB900ホーネットで、1000cc化されたタイミングでCB1000Rと名称を変えるとともに欧州中心のモデルになった。これが次の2018年モデルでグローバル化され、日本などでも発売されるようになるだろう。

HONDA CB150R ExMotion 正式写真 予想入荷時期:調査中 今年5月にタイのモーターショーで発表されたコンセプトモデル「150SS Racer」の市販版。CB150Rのベースは149cc/17.1psのCBR150Rで、CBR1000RRをベースにNK化されたCB1000Rと同じくスーパースポーツをベースにする。国内仕様が登場する可能性は低いだろう。今後はCBR250RRベースのNKもあり得るか?!

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

この著者の最新の記事

関連記事