2019年もアタマからトバします!

特集:ヤンマシ恒例・2019初夢スクープ書き初めマス【明けましておめでとうございまスクープ】

  • 2019/1/5

2019初夢スクープ

新年明けましておめでとうございます。2019年もWEBヤングマシンをよろしくお願いいたします!(編集長いち) …というワケでヤングマシン恒例の初夢スクープを連発だ! GPZ900R/ZXR900、新型マッハ/Z650RS、新型CB900F/CB900フォア、新型ハヤブサ、XSR250/新型MT-25…。一富士二鷹三茄子、当たるも八卦当たらぬも八卦、新年早々トバします!

初夢スクープ#1〈スズキ編〉新型ハヤブサ

次期ハヤブサが登場する可能性が、いよいよ濃厚になってきた。各所から「’20年の登場は確実」との情報が飛び交い始めたのだ。’20年はスズキ創業100周年にあたり、ユーロ5が適用される年でもある。’08以来となる3度目のフルチェンジに絶好の機会だ。詳細は不明の部分も多いが、「従来と同様、『アルティメットスポーツ』というコンセプトは変わらない」(情報筋)という。

初夢スクープ#2〈ホンダ編〉新型CB900F or 新型CB900フォア

’19年は、ホンダのメモリアルイヤーだ。初代CB誕生から60周年、さらにCB750フォアから50周年、CB750Fの40周年でもある。これに合わせ、「CB」ブランドの新作を投入する計画があると本誌で報じてきた。その中身は……今だ定まっていない模様だ。排気量は、CB1300や1100からダウンサイジングし、グローバル展開するために、「900cc程度」を選択する模様。本命は水冷だったが、ここに来て空冷案も浮上している。

初夢スクープ#3〈カワサキ編〉新型マッハ&新型Z650RS

今後、カワサキのミドルがアツいことになりそうだ。その筆頭は、以前から根強い噂があるスーパーチャージャー(SC)付きのミドル。スタイルに関しては、かなり〝初夢〞度が高いが、「マッハ」モチーフを希望したい。鬼の加速で世界に衝撃を与えたマッハⅢのデビューから’19年で50年目。しかも’15年のミラノショーで公開された「SC-02」は明らかにマッハのオマージュである。ネオクラとSCという異色のペアは魅力的だし、軽快なミドルに怒濤のSCが合うのは間違いない。

初夢スクープ#4〈カワサキ編〉新型GPZ900R&ZXR900

本誌の予想通り’80年代までネオレトロブームが波及するとして、やがて実現しそうなのが初代NinjaことGPZ900Rの再現。ライバルのカタナが復活した今、望んでいるファンも多いことだろう。CGはZXR900と同じようにZ900/RSをベースとしてNinjaの外装をレトロフィットさせたもの。初代と同じくサイドカムチェーンのエンジンということもあり、違和感なく収まってしまった。アップハンドルのままでもNinjaはカスタムでおなじみだったので、むしろセパハンよりしっくりくるかも。アッパーカウル形状はあえて大きくはイジらず、そのままLEDライト化してほしい。

初夢スクープ#5〈ヤマハ編〉XSR250 & 新型MT-25

近頃ブームのネオクラシック。要はレトロ風の現代的なバイクで、特に欧州で人気が高く、各メーカーがこぞって新作を投入している。その主要モデルに数えられるのがヤマハのXSRシリーズ。XSR900は、あの現代的なMT-09を見事なほどクラシカルに変身させ、スマッシュヒットを飛ばした。さらにワイズギアが往年のRZ250風のオーセンティック外装セットまで用意。さらに、2018年からは、MT-07ベースのXSR700も国内で発売中だ。──となれば、次はMT-25もXSRに! RZ風に! と考えるのは順当だ。

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

カサ

カサ いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)