2019明けましておめでとうございまスクープ!

【初夢スクープ#5:ヤマハ編】XSR250 & 新型MT-25

【YAMAHA XSR250(手前) 予想CG】MT-25ベースのレトロフィット仕様。燃料タンクの形状と丸目ヘッドライトがカギになるはず。欲を言えばシートも……。初代RZ250カラーを希望します!

XSR250は、外した感ありも’20年に最後の期待

ネオレトロ路線がニーゴーにも波及していくはず。2年前にそう目星を付けたものの、どうやら’19モデルとしての実現はなさそう。倒立フォーク採用の新型YZF-R25のシャーシよりも、正立ベースのほうが似合う気もするが……。

近頃ブームのネオクラシック。要はレトロ風の現代的なバイクで、特に欧州で人気が高く、各メーカーがこぞって新作を投入している。その主要モデルに数えられるのがヤマハのXSRシリーズ。XSR900は、あの現代的なMT-09を見事なほどクラシカルに変身させ、スマッシュヒットを飛ばした。さらにワイズギアが往年のRZ250風のオーセンティック外装セットまで用意。さらに、2018年からは、MT-07ベースのXSR700も国内で発売中だ。──となれば、次はMT-25もXSRに! RZ風に! と考えるのは順当だ。

その最新動向として、アメリカのカスタムビルダーであるGG Retrofitzが、YZF-R25/3用のレトロ外装をリリース。250ccのネオクラシックカスタムに乗り出した。市販車ではないが、こういった動きが活発になればヤマハも動く?!

【GG Retrofitz Rocket Streetボディキット装着車(手前)】東京都東久留米市の9-GATE(ナインゲート)が製作したYZF-R25のレトロフィットカスタムは、ケニー・ロバーツ氏のチャンピオンマシン、YZR500(’78)イメージに仕上げられた。奥のYZF-R25がベース車と思えないほどのイメチェンを果たした。

【YAMAHA MT-25 2018年型国内仕様】スタンダードネイキッドだけに、GG Retrofitzのカスタムよりもここからの衣装替えは難しくないはず。XSR900、700ときたら次は250/320と考えたくなる!

MT‐25のルーティンはR25の後に追従進化

2019年にYZF-R25/R3が新型に生まれ変わったことにより、MT-25が同様のモデルチェンジを受けるのも秒読み段階に入ったと本誌は見ている。R25の主な変更点は倒立フォークの採用と空力追求の外装だったが、ネイキッドのMTはニューデザインのヘッドライトで個性を表現するはず。

その点では、すでにインドネシアなどで発表されているMT-15が参考になる。YZF-R15をベースとするMT-15は、MT-09イメージの2眼をさらに攻撃的にしたような3眼(メイン1灯+ポジション2灯)となっており、それよりもやや高級志向になると思われるMT-25は、MT-09のほうに近くなるのではと予想される。

乗りやすさに定評のある並列2気筒やフレームなどの車体構成は従来型を継承しつつ、倒立フォークやホールドしやすそうな新しい燃料タンク形状なども新型R25を踏襲して、より一体感のあるライポジを実現するだろう。MT-15を参考にするなら、R25よりも快適なダブルシートを採用する可能性もある。登場時期は’19年秋に発表、’20年発売と見た!

【YAMAHA 新型MT-25 予想CG】「毎日乗れるスーパーバイク」のYZF-R25/R3のネイキッド版。兄弟車としてともに歩んできたMT-25/03だけに、同様の進化で追従してくることはほぼ確実。R25がSS色を強めたことを思えば、こちらは快適性重視でくっきり色分けしてくる可能性もあるだろう。

【YAMAHA YZF-R25 2019年型インドネシア仕様】国内でも春の発売が予告されている新型R25は、倒立フォークにLEDヘッドライト+センターダクト、新型空力カウルを得て生まれ変わった。新型MT-25もこれの足まわりを踏襲か?!

【YAMAHA MT-15 2019年型タイ仕様】タイで行われた新型MT-15の発表会では、ロッシとビニャーレスが壇上に上がるという豪華さ。3眼+ダブルシートが特徴。

※ヤングマシン2019年2月号掲載記事をベースに再構成

関連記事/リンク

新年明けましておめでとうございます。本年も当WEBをよろしくお願いいたします! 編集長いち

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

いち

いち

記事一覧を見る

本誌編集長。雑誌は生き残りタイアップ全盛期だというのに、ひとり次期型ネタを嗅ぎまわって反感を買う現代のスクープ魔王。
■1972年生まれ
■愛車:BMW R100GS(1988)

特集/連載

  1. 兄弟車試乗インプレ対決
  2. ナイケン
  3. Moldel A(A型)
  4. 2019世界の新車総図鑑
  5. 2018年○と×
  6. 自二車は中型二輪に限る
  7. 大阪モーターサイクルショー2019
バイク王
Z900RS x STRIKER