車両情報関連記事を整理

カワサキ ニンジャZX-25Rスペック総まとめ〈STD/SE/SE KRTエディション〉

  • 2020/10/30
カワサキ ニンジャZX-25Rスペック総まとめ〈STD/SE/SE KRTエディション〉

エンジン

’19年夏にその存在がスクープされ、秋の東京モーターショーでベールを脱いだニンジャZX-25Rは、カワサキとしては’07年型バリオスII以来の4気筒エンジンを搭載した250ccとなる。 

完全新設計されたエンジンは、バリオスIIも搭載していたZXR250系エンジンよりもショートストロークな設定とすることで吸気バルブ面積を拡大。また吸気バルブ自体にはH2と同じ、熱負荷に強いインコネル材を用いるほか、バルブ挟み角28度、メッキシリンダーといった大型スーパースポーツに匹敵するスペックを投入し、現在の排出ガス規制に適合しながら45ps/15500rpmの最高出力を実現した。
 
排気サウンドも入念につくり込まれ、往年の250cc4気筒よりも野太くハスキー。純正アクセサリーのアクラポヴィッチ製マフラーに交換すれば、ノーマルECUのままパワーアップも可能というポテンシャルも備わっている。 

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション

[写真タップで拡大]

【規制適合しつつ高性能を追求】250ccクラスで現代唯一の4気筒だけあってライバル不在のパフォーマンスを獲得。レッドゾーンは17000rpmでレブリミッターが作動するのは18000rpm、さらに海外仕様では50psを発揮することから、秘めたポテンシャルは相当のものだ。ボア×ストロークは50.0×31.8mmとし、アルミシリンダー内壁にはZX-10Rなどと同じメッキ処理を実施。鍛造カムシャフトやインコネル製吸気バルブ、φ30mm大径スロットルバルブなど、カワサキの本気が伝わるスペックの数々だ。

[写真タップで拡大]

極端にショートなマフラーだが腹下をボックス形状として容積を確保。音質にもこだわっている。

シャーシ

フレームとスイングアームにはスチール材を用い、荷重の小さな25Rでも接地感を得やすい特性とした。倒立フォークやラジアルモノブロックキャリパーなどの装備も見どころ満載だ。

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]
カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]

スチール製スイングアームにホリゾンタルバックリンク式リヤサスペンションを組み合わせる。

[写真タップで拡大]

ブレーキディスクは前セミフローティングに対し後ろはリジッド。ABSは標準装備だ。

[写真タップで拡大]

ZX-6Rも採用するSHOWA製SFF-BP倒立フォークをクラス初採用。ブレーキキャリパーはモノブロックタイプをラジアルマウントと、こちらもクラスを超えた装備だ。

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]
カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRT EDITION
[写真タップで拡大]

スポーティな形状のステップに、写真のSEはクイックシフターを装備(STDはオプション設定)している。ペダル類などの目立たない部分をスチール製としてコストを抑制。

[写真タップで拡大]

SEはフレームスライダー標準装備。オプション設定品は全てSTDに装着可能だが、パーツ代だけで車両価格差を超える。

スタイリング

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRT EDITION

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]
カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]

センターにラムエアインテークを設け、そこからニンジャH2同様に車体左側にダクトを通してエアボックスに導く構造。その風格はとても250ccとは思えない。前後タイヤはダンロップ製ラジアルGPR300だ。

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション

【各グレードに1色ずつのカラーラインナップ】3グレード構成のスタンダードは車体色が黒。STDでオプション設定のクイックシフターやスライダー、USB電源ソケット、スモークシールド、ホイールリムテープを装備したSEは赤フレーム×白×黒で、SEの緑にはKRTエディションの名が付いている。

インターフェイス

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]
カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]

アナログ回転計とデジタル表示を組み合わせたメーターはギヤポジションやオド、デュアルトリップ、燃料計、瞬間/平均燃費、水温、時計、パワーモード&KTRCモードを表示。トップブリッジの肉抜きも上級クラス並みだ。

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]
カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]

セルボタンは流行のスライド式でキルスイッチを兼ねる。左手元には各種電子制御メニューなどを操作するセレクトスイッチがある。ハザードスイッチも左側だ。

装備&ユーティリティ

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]
カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]

[左] ニンジャ250と共通ユニットのLEDヘッドライトはロービームで両端が点き、ハイビームで全灯照射となる。前ウインカーはカウル埋め込み式だ。[右] テールランプもLEDだが、前後ウインカーはハロゲンバルブ+クリアレンズを使用。左タンデムステップ付け根にヘルメットホルダーを標準装備する。

[写真タップで拡大]

燃料タンク容量は15Lで、実際の数値に近いとされるWMTCモード燃費を掛け合わせると、想定航続距離は283.5kmになる。

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]
カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]
カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション
[写真タップで拡大]

前後独立シートは上質なクッション性。シート下にバッテリー、タンデムシート下にETC2.0車載器(オプション)や工具を収納。前後シート間のカバーを外すとUSBソケットがある。

[写真タップで拡大]

リヤウインカー付け根に荷掛けフックを装備。タンデムステップのヒール部分もフック形状だ。SSの姿でも実用性を忘れてはいない。

主要諸元

カワサキ ニンジャZX-25R/SE/SE KRTエディション

●写真:真弓悟史
※本記事の内容はオリジナルサイト公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。 ※特別な表記がないかぎり、価格情報は税込です。

最新の記事

前のページ:記事本文に戻る