バイク用を選ぶ理由。

今年の新作はショート丈! 10年の歴史と2輪専用の機能性・RSタイチの電熱ウエア「e-HEAT」

RSタイチのe-HEATといえば、バイク用電熱ウエア&グッズとしていち早く登場した安心のブランド。近年は多様なメーカーが電熱モノをリリースするが、RSタイチの開発の手は緩まない。今回紹介するのは、利便性をさらに高めた逸品だ。

乗車中にストレスのない着用感が安全性につながる

2輪ウエアブランドではいち早く、’11年から電熱アイテムを市場に投入してきたRSタイチ。10年の間に膨大なトライ&エラーを繰り返し、現在の製品は最適化された形と言える。
 
まず車載バッテリー/専用モバイルバッテリーの両方から電源を取れるのがポイント。2種類の電源を併用できる電熱アイテムは珍しい。
「車載電源は残量を気にせず使用でき、モバイルは配線要らずで、バイクを降りても使えるのがメリット。ジャケットやパーカは両者の同時接続も可能で、モバイルバッテリーをつないでおけば、バイクを離れても自動で切り替えてくれます」(RSタイチ 石川氏)

さらに、バイク専用ならではの安全性と機能性も魅力。グローブは万一の際の防護性能はもちろん、動きやすさにも徹底してこだわる。「アクセルやレバー操作に加え、スイッチの押しやすさも重視しました」と石川氏。
 
’19年モデルの電熱グローブとしてショート丈を新発売したが、これも使い勝手を重視した結果。従来型はロングカフで、手首にバッテリーを収納するが、ジャケットの袖とフィッティングしにくい場合もあった。そこでバッテリーをジャケットの内ポケットなどに収める設計に変更し、さらに動きやすさを増している。まさにライダーが作った、ライダーのための製品だ。

「電熱ギアで冷えと操作性の問題が解消されると運転に集中でき、安全にもつながります」と石川氏は話す。フリーダイヤルとWEBでトラブルに対応し、修理も受け付けるなどアフターサービスも万全。タイチは電熱ギアを選ぶ際に外せないブランドだ。

RST641 e-HEATアームド ショートグローブ

RST641 e-HEAT アームド ショートグローブ●税込価格:1万7600円(電池/配線類別売) ●サイズ:S/M/L/XL/XXL ●色:黒、黒×赤、黒×白
【グローブから電池を排除】ロング丈グローブでカフ部に収めていたバッテリーを、コードを介しジャケット内に収納する設計とし、袖口のフィット感と動きやすさを確保。生地は透湿防水、手洗いもOKだ。
【3段階の温度もひと目で分かる】甲部のスイッチで温度設定を3段階に変更可能。点滅でバッテリー残量も知らせる。車載電源のみ最強の「ターボモード」が選べる。
RST612 e-HEAT プロテクショングローブ(1万8700円)

パーカータイプの 電熱も出現!

軽量+薄手生地を採用した電熱インナー、e-HEAT インナーパーカも登場。中綿を使用しないため、スリムタイプなど様々なアウタージャケットと組み合わせやすい。街着として単体で着用できるデザインも魅力的だ。車載12V 電源と専用バッテリーに対応。

RSU621 e-HEAT インナーパーカ●税込価格:1万4080円(電池別売) ●サイズ:S/M/L/XL/XXL/3XL/WM ●色:黒×赤、黒×白、灰カモフラージュ
ヒーターは乗車時に接触面積の大きい肩と背中に配置。配線や3段階スイッチも含め、取り外して洗濯も可能だ。

文━━沼尾宏明 写真━━山内潤也

関連する記事/リンク

関連記事

三本スリットにダクトなしのネオクラシック・フルフェイスヘルメット「ラパイドNEO」にニューカラーが登場した。ダートトラックやビンテージモトクロスをイメージしたカラーリングが魅力的だ。さらに、全日本[…]

関連記事

ピックアップトラックに積んでいたバイクが盗まれたのをきっかけに発案された、ワイヤー入りのストラップとダイヤルロック付きのカラビナを組み合わせた盗難抑止アイテムがアメリカから上陸。使い勝手やいかに。[…]

lockstrap
関連記事

デイトナが取り扱いを開始した“SPコネクト”は、スノボ用のビンディング製造に端を発するスマホアクセサリーブランドだ。拠点は創業地のドイツにあり、世界70カ国で販売されている。今回は正規代理店である[…]

SPConnect Motobundle
関連記事

シヨウエイ(SHOEI)が誇るレーシングフルフェイスヘルメットのX-Fouteenは、同社のレースサポートから得たノウハウを投入したトップモデル。筆者がバイクの試乗やサーキット走行、時に通勤なども[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報