PCXに続くEVはビジネス向けの2車

そっちだったか! ホンダの電動3輪が東京モーターショーで世界初お披露目、なんと市販予定車【動画も】

HONDA GYRO e BENLY e

PCXエレクトリック(ELECTRIC)と共通規格のモバイルパワーパック(バッテリーのこと)を採用するビジネスバイク×2車が東京モーターショーで世界初公開される。一方は2019年春の東京モーターサイクルショーでプロトタイプが発表されたベンリィe:(BENLY e:)、そしてもう一方は、3輪スクータージャイロe:(GYRO e:)だ。

航続距離はPCXの2倍!? ビールケースも静かに運ぶ!

リース販売のみとなっているPCXエレクトリックに続き、ホンダは着脱式バッテリーの「Honda Mobile Power Pack」を搭載した、ビジネスユース向けの電動コミューター2モデルを、東京モーターショー2019で世界初公開する。1車は、ガソリンエンジンを搭載し原付一種で現行モデルとしてラインナップされている「ベンリィ」の電動バージョン、ベンリィe:。そしてもう1車は、ガソリンエンジンで長きにわたって愛され、現在はラインナップを外れているジャイロUPの電動版、ジャイロe:だ。

いずれも優れた積載性や耐久性、様々な場面での取り回しのいいボディサイズ、配達ボックスの装着を考慮した広く平らなリアデッキなど、業務用車両に求められる機能はそのままに、電動化によって環境性能と静粛性を高めたモデルである。

また、詳細は未発表ながら、原付二種のPCXエレクトリックとは異なり、様々なユーザーが使えるように原付一種を想定しているという。ゆえに定格出力は0.6kW以下(原付二種は1kW以下)となり、航続距離はPCXエレクトリックの2倍近くまで伸びるはずだ。

ヤングマシンではホンダから新種の3輪バイクが登場するとの情報をキャッチしていたが、電動かつジャイロ系というのはノーマークだった。以前にスクープしたX-ADV系の3輪はどうなるのか? 引き続き情報収集に努めていきたい。

HONDA GYRO e: & BENLY e:[市販予定車]

フロントまわりの多くを2車で共有しており、シートやバッテリー搭載方法なども同じものを使用しているようだ。車体の後半部分はまったく異なり、“関節”を持つジャイロe:と、通常のスクーターと同様のベンリィe:とに作り分けられている。スペックや価格、発売時期は一切が未発表だ。

 HONDA GYRO e:
HONDA GYRO e:[市販予定車]
 HONDA GYRO e:
HONDA GYRO e:[市販予定車]
HONDA BENLY e:
HONDA BENLY e:[市販予定車]
HONDA BENLY e:
HONDA BENLY e:[市販予定車]

HONDA GYRO e:[市販予定車]ディテール

HONDA GYRO e:
HONDA GYRO e:[市販予定車]………反転液晶タイプのシンプルなメーター。バッテリー残量の横が給油マークになっているのはイメージのしやすさを狙ったものだろうか。
HONDA GYRO e:
HONDA GYRO e:[市販予定車]………シャッター付きメインスイッチを装備。シンプルな操作性はビジネス用途に不可欠だろう。そのすぐ下にあるのはチルトロックレバーで、車体を任意の角度で立てて止めることができる。ブレーキロックにも連動する。
HONDA GYRO e:
HONDA GYRO e:[市販予定車]………アクセサリー用のACC電源ソケットも装備する。
HONDA GYRO e:
HONDA GYRO e:[市販予定車]………車体がバンクしても水平を保つ(実際には少し前方に傾いている)荷台および後輪ユニット。荷台下にサスペンションがあり、後輪からの振動は荷台に伝わるまでに減衰される。
HONDA GYRO e:
HONDA GYRO e:[市販予定車]………車体が傾く際にはこのように捻じれるとともに後輪はクルマの4WSのようにやや外側に切れ、想像以上の小回り性能を発揮する。こうした機構は従来のジャイロシリーズで磨き上げられたものだ。
HONDA GYRO e:
HONDA GYRO e:[市販予定車]………後輪は左右とも駆動(かつてのホンダ ロードフォックスなど一部車種は片輪駆動だった)されることから、それらの間にはデフを内蔵。モーターはパッと見でどこにあるかわからない。
HONDA GYRO e:
HONDA GYRO e:[市販予定車]………フロントにカゴを装着する使用用途も考慮して、ヘッドライトは低い位置にマウントされる。もちろん省電力のLEDだ。

HONDA BENLY e:[市販予定車]ディテール

HONDA BENLY e:
HONDA BENLY e:[市販予定車]………ベンリィe:のほうは、チルトロックを装備しないことからACC電源ソケットがこの位置に。
HONDA BENLY e:
HONDA BENLY e:[市販予定車]………左手にはブレーキレバーがなく、リヤブレーキは右側フットペダルで操作する。「R」と見えるのは、モーターによる押し歩きの抵抗を考慮して装備されるバック機能だ。左右のスイッチを同時に操作することで、歩くよりもゆっくりと車体が後進する設定になっている模様。
HONDA BENLY e:
HONDA BENLY e:[市販予定車]………PCXではバッテリーパックを縦に2列のタンデム搭載としていたが、ベンリィe:およびジャイロe:では横に並べる、いわばパラレル搭載となる。

関連する記事/リンク

関連記事

ホンダが誇るスーパカブ系における究極のアウトドアマシンだった“ハンターカブ”ことCT110が生産終了となってから7年、最新スーパーカブC125をベースとしたハンターカブコンセプトの「CT12[…]

関連記事

ホンダがインドネシアで先行発表し、日本でも「欲しい!」という声が大きかった都市型オートマチック・アドベンチャー、ADV150が“市販予定車”として東京モーターショーで日本初公開される。前後デ[…]

関連記事

ハーレーダビッドソンが高性能な電動バイク、ライブワイヤーを正式発表し、MotoE選手権やマン島TTにおけるTTゼロクラスでも電動バイクがクリーンさと高性能をアピール。台湾のキムコは、1000ccス[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報