第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

スムーズに加速し旋回中の安定感がアップ

クード「クロモリアクスルシャフト」試用インプレッション【ハンドリングのダイレクト感が劇的に高まる!】

  • 2019/7/1
kood crmoaxleshaft

材料から加工法まで厳選し、剛性と精度を大幅に向上したクロモリ鋼のアクスルシャフト。ヤマハ・MT-09にフロント/リヤ/スイングアームピボットを装着し、純正との乗り心地の違いを体感してみた! スポーティ感が増すので、積極的に右手を開けたくなる印象だ。愛車をもっとシャキシャキさせたい人にオススメといえよう。

クロモリアクスルシャフト[クード] ●税込価格(MT-09用):フロント3万2400円/リヤ4万3200円/スイングアームピボット/4万3200円

(◯)取り回しから効果を実感。キビキビした走りに変化

ノーマルのアクスルシャフトは、コストありきで、開発やテストで重点が置かれることはまずない。これを抜群の精度と剛性を実現したクロモリ鋼アクスルシャフトに交換し、走りを変えることが同製品の狙いだ。

クードは、金属製品製造のコウワによるブランドで、材質は日本製のクロモリ鋼を採用。生材から熱処理を加え、ひずみをプレスで修正して再度熱を加えた素材を使用する。強度と粘りを兼備するクロモリの特性を引き出すためのこだわりだ。さらにセンターレス研磨と3層メッキ加工を行い、高精度を実現する。

まずフロントのみ変更してテスト。取り回しから「滑らかだな」と思い、走り始めてもホイールの動きが軽やかだ。加速する際はもちろん、負荷のかかるゼロ発進で特にフリクションの減少を顕著に体感できる。

kood crmoaxleshaft

【フロントアクスルはシャープな乗り味に】路面からの衝撃を吸収し、しなやかなSTD。KOODは遊びがなく、シャープな乗り心地だ。シャフト頭部が六角ヘッドとなり、メッキも美しい。

そして倒し込みが軽い。フロント周りの遊びが減り、剛性が増したフィーリングでスパッと車体を倒せるのだ。一方、路面の細かい凹凸が生々しくハンドルに伝わってきて、インフォメーションが増えた。

加えてリヤもクードに変更。よりスムーズに加速する上に、路面からの情報量が一段と増大した。さらに旋回中の安定感がアップしたため、積極的に右手を開けたくなる印象だ。

kood crmoaxleshaft

【リヤアクスルシャフトは接地感がアップ!】リヤは接地面積が広がったような、安心してアクセルオンできる感覚に。難しいセッティングをしなくても、単純に装着するだけで大幅に走りが変わる手軽さもポイントだ。

kood crmoaxleshaft

【スイングアームピボットもテスト】リヤサスがスムーズに動き、荒れた路面の追従性が増したような印象。仕上げも非常に美しく、STD は何とも安っぽく感じてしまう。

(△)取りたてて不満はないがノンビリ派には……?

スポーティ感が増すので、まったりした走りが好みの人は悩む所だ。

(結論)こんな人におすすめ:スポーティな走りを望むならぜひ装着を!

愛車をもっとシャキシャキさせたい人にオススメ。特に重量車のユーザーで、街中やワインディングを軽快に駆け抜けたい人に最適だろう。実際、交換だけでタイムが1秒早くなったデータもある。

●写真:真弓悟史
※取材協力:コウワ

※ヤングマシン2018年2月号掲載記事をベースに再構成

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。