第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

軽やかなデザインと着用感。機能も贅沢でコスパ優秀

シヨウエイの新ベーシックモデル「RYD」着用インプレッション

  • 2019/6/27
SHOEI RYD

クエストに続く新ベーシックモデルとして2018年に投入されたシヨウエイ・RYD。クエストに比べて凹凸が少なく、滑らかな流線形のシルエットが特徴だ。帽体そのものの小型化に加え、上下ベンチレーションをブラックアウトすることで、視覚的にもコンパクト感を演出。独特なエアロフォルムには、上級機種に匹敵するアイテムがふんだんに盛り込まれた。

(◯)絶妙のフィット感がマル。換気性能もハイレベル

RYDは、従来のスタンダードモデルであるクエストに比べて凹凸が少なく、滑らかな流線形のシルエットが特徴だ。帽体そのものの小型化に加え、上下ベンチレーションをブラックアウトすることで、視覚的にもコンパクト感を演出。イマ風で清新さを感じさせるデザインだ。

SHOEI RYD

【旗艦と同じ帽体に流麗なフォルムを融合】シャープなアゴ先から流れるようなラインとエッジが目を惹く。帽体は、最上級のX-14と同様、軽く弾性に優れたAIM+ 構造。クエストはもちろん、上位モデルのZ-7より豪華だ。シールドベースは4段階で最大1㎜後ろにスライドでき、圧着性を高められる。【RYD[SHOEI] ●税込価格:4万1040円 ●色:白、黒、つや消し黒、つや消し灰、つや消し青、オレンジ(全6色) ●サイズ:XS /S/M/L/ XL / XXL ●規格:JIS】

ベーシック仕様ながら、装備は豪華だ。AIM+帽体をはじめ、上面と側面を別体にした静音仕様の窓ゴム、明瞭な視界のCWR‐1シールド、フル着脱内装と全てクエストより進化。1ランク上のZ‐7と同等だ。

被ると快適な着用感に驚いた。内装表面がソフトで、スムーズに頭が入る。特に耳元が快適で、耳がつぶれず、圧迫感がない。他の部位も適切にホールドし、軽快な被り心地だ。

SHOEI RYD

【快適装備を数多く搭載】クエストが頬パッドのみの脱着だったのに対し、全内装が取り外し可能に。耳パッドを外した際、音が反響しない構造も採用した。ピンロックEVOレンズが付属。

気温12度でダクト全開だと、40km/h程度からダイレクトに頭頂部への風を感じる。換気効果は相当な高レベル。夏場にも期待できそうだ。高速走行時は、上位機種ほどではないものの十分安定感がある。不快な風切り音はなく、静けさも及第点だ。巻き込み風は付属のチンカーテンでガードでき、ヘルメットの中は至って平穏。軽快な被り心地と相まって、長時間でも疲れにくいのがうれしい。

SHOEI RYD

【大型スイッチ採用】吸気ダクトは額と口元に装備。いずれも2段階式でグローブでも操作しやすい。リヤは開放式で左右に2つ。

(△)豪華なので仕方ないが税込みで4万円超

クエストより4320円アップし、4万円を少しオーバー。スタンダード仕様なら4万円を切ってほしいが、この装備ならむしろ安価かも。

(結論)こんな人におすすめ:完成度高し! ビギナーほか万人にゼヒ

街乗りからツーリングまで、安心して使える万能モデル。「スタンダード」と言いつつ、隙のない完成度でコスパは高い。最初のヘルメットにこんな快適なものを被ったら、次はもう上級モデルに進むしかない。

●写真:飛澤 慎
※取材協力:SHOEI

※ヤングマシン2018年2月号掲載記事をベースに再構成

RYD/SHOEI

RYD/SHOEI/4万1040円 → Webike価格&獲得ポイントをCHECK!

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヌマ王

ヌマ王

記事一覧を見る

ヤングマシン編集部出身の敏腕フリーライター。特にバイクの社会&時事ネタに詳しく、20年以上にわたって特ダネを追い続けている。趣味はユーラシア大陸横断。