公道走行可能な究極のレーシングバイク

【羽付き】221馬力の超スーパーバイク ドゥカティ パニガーレV4Rの発売日は6月29日に決定!

  • 2019/6/8

2019年シーズンのスーパーバイク世界選手権で開幕11連勝を飾る(ライダーはアルヴァロ・バウティスタ)など破竹の快進撃を続けるドゥカティのスーパーバイク。そのファクトリーマシンのベースとなっているパニガーレV4Rがついに発売される。発売日は2019年6月29日だ。

MotoGPよりも進んだ(?)ウイングを装備

公道走行が可能な究極のレーシング・バイクであり、エンジンとサスペンションのセットアップ変更のみならず、サーキットでの空力性能を向上するため、ドゥカティ・コルセがドゥカティ・スタイルセンターと緊密に連携して開発したエアロ・パックも初搭載したパニガーレV4Rが、2019年6月29日に全国のドゥカティジャパン・ネットワーク店で発売される。価格は8%税込で455万円だ。

単純にこの価格を高いということなかれ。スーパーバイク世界選手権ではホモロゲーションモデルの価格が厳密に規定され、それを上回る価格のバイクをベースモデルとすることができない。MotoGPレプリカとすら言われるハイパワーなV4エンジンを先進の車体に搭載したV4Rは、その内容からすればむしろバーゲンプライスと言っていいほど。ドゥカティ歴代の最高峰マシンがそうであったように、10年経っても垂涎のマシンであり続けるだろう。

【DUCATI PANIGALE V4R 2019】主要諸元 ■全長・全幅・全高未発表 軸距1471 シート高830(各mm) 車重193kg ■水冷4ストV型4気筒DOHC4バルブ 998 cc 221ps/15250rpm 11.4kg-m/11500rpm 燃料タンク容量16L ■ブレーキ F=Wディスク R=ディスク ■タイヤサイズ F=120/70ZR17 R=200/60ZR17(写真色:ドゥカティレッド) ●価格:455万円

PANIGALE V4R

このマシンの象徴ともいえるのがこのウイング。MotoGPでは禁止された(ダクト形状のものは認可がおりればOK)がSBKではレギュレーションで許されるため、この形で発売される。

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)