第47回マシン・オブ・ザ・イヤー2019

2018年、パニガーレの販売台数は前年比70%増!

世界で売れたスーパーバイクの4台に1台がドゥカティ:ディアベル1260が生産開始

  • 2019/1/25

2018年に全世界で5万3004台のモーターサイクルを販売したドゥカティは、これによって2015年以来、4年連続で年間5万台以上のモーターサイクル販売を達成。このうちパニガーレファミリーは、マーケットシェア26%を占めるほどの成功を遂げて好調なセールスに貢献。さらにはスーパーバイクセグメントのベストセラーとなった。

 

6100台以上のパニガーレV4が納車される

パニガーレファミリーは9700台を販売し、前年比70%増を達成。これによりスーパーバイクセグメントにおけるマーケットシェアは26%となった。言い換えれば、2018年に全世界で販売されたスーパーバイクのうち、4台に1台以上がドゥカティのパニガーレシリーズだったことになる。このうち、2018年に発売されたフラッグシップモデルのパニガーレV4は6100台以上の販売台数となっている。

パニガーレV4はドゥカティ史上初めて量産車に4気筒エンジンを搭載したモデル。1103ccから214馬力を発生するV4とV4Sに加え、秋にはスーパーバイク世界選手権向けのホモロゲーションモデルであるパニガーレV4Rを発表した。こちらは998ccのデスモセディチ・ストラダーレRエンジンで、最高出力は221馬力を1万5250rpmで発生する。

スーパーバイクファミリーの前年比70%増を支えたのがパニガーレV4だった。写真はプレス試乗会で出走を待つレース仕様のパニガーレV4S。

また、ムルティストラーダファミリーの販売も好調で、2018年には1万1829台を販売。特に新型のムルティストラーダ1260が好調さの原動力となっており、こちらは前年の1200に比べて25%増となる6569台を販売している。

【DUCATI MULTISTRADA 1260 S 2019】●価格:265万5000~269万5000円

各国における販売台数は北米を除いて好調

イタリアでは堅調な販売となり、9200台で前年比4.5%増で再びドゥカティ最大のマーケットとなった。

スペインは2444台(前年比8%増)、日本では1941台(前年比2%増)、スイスは1276台(前年比2.2%増)となり、成長を遂げた。

ドゥカティ最大のマーケットだったアメリカは、500cc以上もモーターサイクルの販売台数が全体で9%減少したことを受け、7843台となった。

アジアでは中国を中心に販売台数が増加し、前年比29%増となっている。

ディアベル1260の生産がボローニャで開始

1月21日、ディアベル1260の最初の1台がボルゴパニガーレのファクトリーからラインオフされた。このニューモデルは2月中旬に欧州のディーラーに到着する予定。日本における発売時期は未定だが、価格はディアベル1260=228万5000円、ディアベル1260S=268万円となっている。

第2世代に進化したディアベル1260は、さらに主張が強化されたラインを備え、パフォーマンスに磨きをかけたうえで快適性も高めている。搭載するエンジンはテスタストレッタDVTで、息を呑むような加速と低回転域でのスムーズさを両立。コーナリングABSなども標準装備した。

ディアベル1260Sは、専用装備としてオーリンズ製サスペンション、専用ホイール、ハイグレードなブレーキシステム、アップ/ダウンに対応するクイックシフターを備えるスポーティバージョンだ。

【DUCATI DIAVEL 1260 S 2019】●価格:268万円

DIAVEL 1260 S & Andrea Dovizioso

DIAVEL 1260 S & Danilo Petrucci

関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ヨ

記事一覧を見る

帰ってきたネイティブ足立区民。ヤングマシン、姉妹誌ビッグマシンで17年を過ごしたのち旅に出ていた編集部員だ。見かけほど悪い子じゃあないんだぜ。
■1974年生まれ
■愛車:MOTOGUZZI V7 SPECIAL(2012)