スズキ、2年7か月ぶりのMotoGP制覇

アレックス・リンス[スズキ]がアメリカズGP優勝【2019MotoGP第3戦】

2019MotoGP第3戦で優勝したアレックス・リンス

2019年4月14日にアメリカのサーキット・オブ・ジ・アメリカズで行われた二輪車レースの最高峰「FIM※1ロードレース世界選手権(MotoGP)」の第3戦において、MotoGPクラスに「GSX-RR」で参戦するチームスズキエクスターのアレックス・リンス選手が優勝した。スズキのMotoGPでの優勝は、2016年9月の第12戦イギリスGP以来2年7か月ぶり。
※1:FIM=国際モーターサイクリズム連盟

決勝日は、前日朝の雨も上がり、路面が乾いた状態でレースが行われた。予選を7位で通過し3列目からスタートしたリンス選手は、スタートから2番手集団の後ろにつき周回を重ねる。リタイアするライダーが出る中、終盤には2番手に浮上しトップを追走。その後、残り4周でトップを奪い、そのまま逃げ切ってトップでチェッカーを受けた。

2019MotoGP第3戦で優勝したアレックス・リンス
(右)No.42 アレックス・リンス(左)No.46 バレンティーノ・ロッシ

リンス選手にとってはMotoGPクラスでの初優勝。年間個人ポイントランキングで3位に浮上した。また、チームメイトのジョアン・ミル選手はジャンプスタートによるライドスルーペナルティを課せられるなど苦しいレース展開となったが、17位で完走した。

難しいレースコンディションの中、一丸となってマシンセッティングに取り組んだチームスズキ エクスターは、今シーズン初優勝を獲得した。

チームスズキ エクスター No.42 アレックス・リンス
ゼッケン42番、アレックス・リンス選手。スペイン出身の23歳。
チームスズキエクスター No.36 ジョアン・ミル
ゼッケン36番、ジョアン・ミル選手。スペイン出身で、こちらは21歳とさらに若い!

※情報提供:スズキ

このバイクに関連する記事/リンク

関連記事

ヤマハに先駆けて2月4に発表されたのはチームスズキエクスターの参戦体制とニューマシンだ。2019シーズンはニューカマーとして2017年Moto3チャンピオンのジョアン・ミル選手を迎え、調子を上げて[…]

関連記事

レースを取り巻く言葉は勇ましい。「第X戦」「バトル」「奪還」といった具合だ。レースは紛れもない戦い。世界最高峰のMotoGPともなれば、そのレベルは究極に高い。各メーカーは持てる技術の粋を尽くし、[…]

WEBヤングマシン|最新バイク情報