東京モーターサイクルショーで完成車を披露

モンキー125カスタムプロジェクト#2 塗装編【ヤングマシン×ヨシムラ コラボモデル】

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

昨年2018年末の第46回マシン・オブ・ザ・イヤー(MOTY)開催を記念して、『ヤングマシン』本誌とヨシムラのコラボとなるスペシャルモンキー125が誕生。3/22〜24の東京モーターサイクルショー2019・ヨシムラブースに展示されることが決まった。さらに、MOTY投票参加者のうち、このモンキーを手にすることができる幸運な1名が会場で決まる! 本連載特集では、世界に1台のスペシャルモンキー製作模様をドキュメンタリーでお届けする。第2回はペイント界のカリスマ・YFデザインによる塗装作業だ。

ペイントクオリティはヨシムラレーサーと一緒だ

さて、前稿の分解編に続き、いよいよ大きな要となるペイント作業だ。燃料タンクとサイドカバーは、MotoGPライダーのヘルメットも多数手掛けていることで有名なYFデザインに依頼。ヨシムラのSB&耐久レーサーのペイントもYFデザインが担当しているので、完成したモンキーは、まさにヨシムラ公式と呼べるクオリティとして仕上がるのだ。

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

【取材協力SHOP】
YF DESIGN(千葉県四街道市鹿放ケ丘238-1 TEL:043-424-5552 http://www.yf-design.com/):今回はMotoGP参戦中の中上貴晶選手や故加藤大治郎選手のヘルメットペイントで有名なYFデザインに依頼。ヨシムラのレーサーやデモ車のペイントも手掛けているのだ。

YFデザインには取材中も新たな仕事の依頼がひっきりなし。聞けば、予約がいっぱいで通常納期は約1年待ちとなるのだとか。そんななか代表の深澤裕司さんは、ヨシムラモンキーの依頼とあって快く協力に応じてくれた。しかもプロの作業工程を惜しげもなく披露。ここまで見せちゃっていいのと思えるマシンペイントの流れを、しっかり教えてくれた。それでは先月号でバラしたパーツを持ち込んで、さっそく作業の開始だ!

まずは下地を作って、ベースのブラック塗装まで

ノーマル赤×白からヨシムラ黒×赤に

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

ノーマルのレッド×ホワイトツートンだったタンクを、今回はヨシムラZをモチーフとしたブラック×レッドのカラーにオールペイントする。世界に1台だけのモンキーになるのだ。

エンブレムを外す

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

まずはエンブレムをはがす。タンクに傷を付けないように慎重にカッターの刃を入れてエンブレムを接着している両面テープを剥がしていく。

段差なしでラッキー

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

エンブレムの下には位置合わせ用の段差がなかった。今回はエンブレム位置をちょっと高めに変えるので、段差があるとパテ盛りも必要だったのだ。

脱脂は十分に

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

作業の際には十分に脱脂洗浄。ペイント作業に油や汚れは厳禁だ。洗浄剤をたっぷりと使って全体を洗ってから下地作業に入ることとなる。

ラインを削り取る

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

ストライプをサンダーでならすように削り取っていく。ストライプだけ剥がすと、そこが小さな段差となり後から全体を磨いても残ってしまうためだ。

新品なので剥離剤はなし

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

タンクのオールペイントというと、剥離剤でいったん古い塗装を全部剥がしてしまうと思いがち。しかし、剥離剤はサビの原因となりやすいので、新品の場合はそのまま上塗りするのがベストだと言う。

サフェーサーは黒で

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

全体を研いで余計な傷や凹みがないか確認した後、サフェーサーを塗る。普通は白いイメージだが、最近は黒のサフェーサーもある。

下地完成?

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

今回は白ではなく黒のサフェーサーの方が傷付いたときも下地が目立たないために選択。なお、これで下地が完了…ではありません。

しっかり研ぎます

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

サフェーサーが乾燥した後も、再び全体を研いでいく。少しでも段差やキズが存在すれば、そこが仕上がりを大きく損ねてしまうのだ。

サンドブラストも

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

サフェーサーを塗る前もその後も。表面砥ぎは様々なヤスリの番手を変えて行っている。途中ではサンドブラストも用いているのだ。

同様にサイドカバーも

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

サイドカバーも同じように表面を研いでサフェーサーを塗り、そしてブラックでペイントを施す。こちらは単色なので、これでほぼ終了。

マスキングにワザあり

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

タンク穴より少し大きめにマスキングするのが深澤さんのワザ。こうしておくと給油口が純正のように自然なグラデーションに仕上がるのだ。

一気にベースの黒をペイント

ヤングマシン×ヨシムラ モンキー125カスタムプロジェクト

研ぎ上げたタンクにベース色となるブラックを一気にペイント。この上からレッドとホワイトのスプライトを入れていくことになる。ここまでも時間がかかったが、まだ序の口だ。


…というわけで、〈#3 続・ペイント編〉ではツートーンの仕上げにとりかかる。


●文:宮田健一 ●写真:松井 慎
※ヤングマシン2019年4月号掲載記事をベースに再構成

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

ミヤケン

ミヤケン

記事一覧を見る

天然のヤング脳を持つ伝説の元編集部員。現在は超フリーライター。

特集/連載

  1. 兄弟車試乗インプレ対決
  2. 2019初夢スクープ
  3. 岡崎静夏
  4. Moldel A(A型)
  5. 大阪モーターサイクルショー2019
バイク王
Z900RS x STRIKER