ライトなスポーツモデルの新境地

新型CBR650R、3/15発売【CBR650Fから走りとスタイリングを一新】

HONDA CBR650R

2018年11月、イタリアで開催されたミラノショー(EICMA)にて発表され、イメージ刷新と話題を呼んだ2019新型ホンダCBR650R。その日本国内販売の詳細が正式発表された。税込車両本体価格103万6800円〜106万9200円にて、2019年3月15日に発売される。

コンパクトなフルカウルを装備したロードスポーツモデル・CBR650Rは、伸びやかな回転フィーリングを堪能できる水冷4ストDOHC直列4気筒648ccエンジンを搭載した従来モデルのCBR650Fをベースに開発。「エキサイティングな走りの堪能 直4 Middle CBR R」というコンセプトの下、マシンをより楽しくスポーティーに操ることができるよう、車体・足回り、パワーユニットの各部を熟成させつつ、スタイリングも一新した。また、Fシリーズ終了に伴い、車名も新たに「CBR650R」に変更される。

HONDA CBR650R

HONDA CBR650R[2019] グランプリレッド

車体・足回りについては、フレームの構成部品および製法の変更、マスの集中化、5本Y字型スポークのアルミホイール採用等により、軽量化と高剛性化をさらに追求。倒立式フロントフォーク、ラジアルマウントキャリパーを採用したフロントブレーキ、セパハン&ステップの位置調整などと組み合わされ、運動性能の向上を図っている。

HONDA CBR650R

HONDA CBR650R[2019] マットバリスティックブラックメタリック

パワーユニットについては、扱いやすいトルク特性を維持しつつ従来モデルよりも高回転域の出力を向上を企図して各所をチューニング。動弁系の諸元変更、ピストン形状変更、新設計のエアクリーナー(ツインラムエアダクト)採用など、コンパクトなロードスポーツモデルとしての方向性を明確に打ち出している。

また、クラッチ操作の負荷を軽減させるアシストスリッパークラッチや、後輪スリップを緩和させるHonda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を新採用。ライダーの疲労軽減や安心感のある走りにも配慮がなされている。

HONDA CBR650R

HONDA CBR650R[2019] CBR1000RRを彷彿とさせるスタイリング

スタイリングについては、新デザインの軽量コンパクトなフルカウルを装備し、LEDデュアルヘッドライトの採用など、CBRシリーズのイメージをより強調したデザインに一新。ボディカラーは、スピード感あふれるレーシングイメージの「グランプリレッド」と、ブラックを基調とした落ち着いた印象の「マットバリスティックブラックメタリック」の2色がラインナップされる。

ホンダ新型CBR650Rは、税込車両本体価格103万6800円〜106万9200円にて、2019年3月15日に発売。

車名 CBR650R
全長×全幅×全高(mm) 2,130×750×1,150
軸距(mm) 1,450
シート高(mm) 810
車両重量(kg) 207
エンジン型式 水冷4スト直列4気筒DOHC4バルブ
総排気量 (cc) 648
内径×行程(mm) 67.0×46.0
圧縮比 11.6
最高出力(ps/rpm) 95/12,000
最大トルク(kgf・m/rpm) 6.5/8,500
燃料タンク容量(L) 15
変速機形式 常時噛合式6段リターン
キャスター角(度)/トレール量(mm) 25°30´/101
ブレーキ前 Wディスク
ブレーキ後 ディスク
タイヤサイズ前 120/70ZR17
タイヤサイズ後 180/55ZR17
税込車両本体価格 103万6800円(マットバリスティックブラックメタリック)、106万9200円(グランプリレッド)

※情報提供:本田技研工業

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

特集/連載

  1. 兄弟車試乗インプレ対決
  2. 2019初夢スクープ
  3. 岡崎静夏
  4. Moldel A(A型)
  5. 大阪モーターサイクルショー2019
バイク王
Z900RS x STRIKER