BMWの新しいセグメント”ミドルサイズ・スクーター”

ミドルサイズ・スクーターの2019新型BMW C 400 X/GT発売

BMW C 400 X/GT

BMW C 400 X(左)/GT(右)

BMWがより取り回しが容易で中排気量域の都市型二輪車として新たにライン・アップに加えたセグメント=ミドルサイズ・スクーター。その先駆けとして、目的地まで素早く移動するためだけではなくアーバン・モビリティを積極的に楽しめるように開発された「C 400 X」と、グラン・ツーリスモバージョンとしてツーリング時のライダーおよび同乗者へのさらなる走行快適性を主眼に開発された「C 400 GT」が発売される。両モデルともにBMWならではのデザインDNAとパフォーマンス哲学が込められている。

都市での走行を積極的に楽しめるよう、車体からエンジンまですべてを新開発

新型BMW C 400 XとC 400 GTには、最高出力34psの新開発350cc単気筒エンジンを搭載。エンジンの駆動を効率よく伝達するCVT(無段変速機)ギヤ・ボックス、振動を抑えるスイングアーム・ベアリングを採用したねじれ剛性の高いドライブトレイン・スイングアーム、加速時の安定性を助けるオートマチック・スタビリティ・コントロール(ASC)、テレスコピック・フォーク式フロントサス&2本のスプリング・ストラット式リヤサスと組み合わせられ、BMWらしい高い走行パフォーマンスが発揮されるだろう。

BMW C 400 X

BMW C 400 X

BMW C 400 GT

BMW C 400 GT

BMWらしい洗練のデザインと高い実用性を両立

フロントフェイスについて、C 400 XはGSモデルを彷彿とさせる左右非対称の大型LEDヘッドライト、C 400 GTはエアロダイナミクスデザインのライト・ガイド・エレメントを使ったLEDシグネチャー・ライトによるツインLEDヘッドライトを装備。BMWならではの躍動感あふれる個性的なスタイリングを纏っている。

BMW C 400 X/GT

BMW C 400 X(左)/GT(右)

さらに、保護性と快適性を追求した一体式シングル・シート、シート下にフレックス・ケースを備えた2つのコンパートメント、キーレス・ライドやETC 2.0を標準装備。C 400 GTには大型ウインドスクリーンや、パッセンジャー用フットボード、セパレート式ライダー用バックレストも装備され、よりタンデムライドやロングツーリングでの高い快適性・実用性を考慮している。

C 400 X(税込車両本体価格85万1000円)は2019年1月26日、C 400 GT(同91万2000円)は2019年2月8日に発売される。

このバイクに関連する記事/リンク

※本記事の内容は公開日時点のものであり、将来にわたってその真正性を保証するものでないこと、公開後の時間経過等に伴って内容に不備が生じる可能性があることをご了承ください。

kas

kas いわゆる"Web担"的黒子

記事一覧を見る

研二くんのゼッツーに憧れるも手が届かずZ400GPで卒輪(そつりん)した"自二車は中型二輪に限る"世代。あれから30余年を経てまさか再び二輪の世界に触れることになろうとは人生何が起こるかわからんもんだ(笑)

特集/連載

  1. ナイケン
  2. HONDA CROSS CUB 110/50
  3. 2018年○と×
  4. 2019世界の新車総図鑑
  5. 兄弟車試乗インプレ対決
  6. 2019初夢スクープ
バイク王
Z900RS x STRIKER